Ays English(アイスイングリッシュ)のテキスト

Ays English(アイスイングリッシュ)で採用されているBレッスンの中の一つがテキストコースで、市販の教材を使って英語の学習を進めていきます。

レッスンのカリキュラムによって消費ポイントが異なる点がAys English(アイスイングリッシュ)の特徴で、テキストコースは最も低い10pointsで受講できるのです。

しかも、必ずしも自費でテキストを購入する必要はなく、授業が始まる前にスカイプにて講師からテキストが送られてきます。

「フリートークで会話を続けるのが難しい」「文法の項目も学習したい」と考えている生徒は、Ays English(アイスイングリッシュ)のテキストコースが最適かもしれません。

そこで、どのようなテキストを使ってレッスンが進められていくのか、このページでは詳しく説明しているので是非一度参照してみてください。

 

Side by Side

世界的にベストセラーのテキストの一つが「Side by Side」で、Ays English(アイスイングリッシュ)だけではなく他のオンライン英会話でも推奨されています。

リスニング力やリーディング力などを中心に英語の4技能をバランス良く習得でき、楽しみながら英語力をアップできるのです。

How To形式で豊富に書かれたイラストを通して日常的に使える表現を学べますし、個人のレベルに合わせて4冊で構成されている点も「Side by Side」のメリットかもしれません。

 

New Cutting Edge

初級から上級まで全6レベルのコースブックが「New Cutting Edge」で、日常に密着した英会話テキストとなっています。

どのレベルでも90時間~120時間のカリキュラムで、実践に役立つ文法や英語スキル、語彙力といった英語力の向上のサポートをしてくれるはずです。

日常会話で使う言い回しが多いため、「New Cutting Edge」は海外旅行を間近に控えている生徒さんにも最適なのではないでしょうか。

 

Let’s Go: Fourth Edition

児童英語教材のベストセラーが「Let’s Go: Fourth Edition」で、日本だけではなくアジア諸国でも使われています。

個人のレベルにより6冊で構成されているテキストなので、お子様の英語力によって使い分けるのが最適です。

小さなお子様だけではなく、スパイラル学習システムで効率良く英語を学べるように構成されているため、「Let’s Go: Fourth Edition」は小中学生でも十分に使用できます。
 

 

タイトルとURLをコピーしました