Ays English(アイスイングリッシュ)とTOEIC

Ays English(アイスイングリッシュ)では資格試験のスコアを上げたいという生徒のために、「TOEICコース」が設けられています。

TOEICを受験しようとしている全レベルの生徒が対象のカリキュラムで、英語力を上げるだけではなく、試験の解き方についても徹底的に学ぶことができるのです。

TOEICのスコアアップのために必要なことは、試験の問題形式に慣れて解き方のコツを学ぶことだと考えられています。

Ays English(アイスイングリッシュ)の「TOEICコース」ではそのような学習に焦点を当てたレッスンが提供されており、初級・中級・上級と3段階に分かれているので初めて受講する生徒にも最適かもしれません。

そこで、どのような流れで「TOEICコース」のレッスンが提供されているのか、以下を見て確認してみてください。

レッスン1:一人ひとりの生徒に合ったレッスンを提供するために目標設定を行う
レッスン2~3:実践テストの形式レッスンで短文穴埋め問題を行う
レッスン4:長文穴埋め問題を12問行う
レッスン5:ボキャブラリー強化の授業を行う
レッスン6:読解問題を48問に渡って解いていく
レッスン7:ボキャブラリーや聴解力の強化を行う
レッスン8:今までの授業の復習をして再確認を行う
レッスン9:模擬テストを実施して実際のTOEICの問題を解くことに重点を置く

最初の目標設定の段階で個人のレベルに合わせて授業の流れを決めていく形となり、初心者でも上級者でも利用できるのがAys English(アイスイングリッシュ)の「TOEICコース」の特徴です。

「例題を解く」⇒「解説を聞く」⇒「それを繰り返す」という流れで授業は進められ、弱点を把握してスコアアップを目指すことができます。

「TOEICコース」を担当するAys English(アイスイングリッシュ)の講師は英語を共用語として使っているだけではなく、全ての先生が850点以上というハイスコアを獲得しているのです。

英語力が高くて質の高い講師がレッスンを提供してくれるため、模擬試験を解きながら苦手分野を強化して確実なスコアアップが期待できるのではないでしょうか。

「TOEICコース」はAys English(アイスイングリッシュ)では15ポイントを消費するAレッスンに該当しています。

のんびりコースであれば15回、毎日コツコツコースであれば30回、毎日しっかりコースであれば60回、集中コースであれば80回のレッスンが受講できるので、自分のペースに合わせて学習を進めてみてください。
 

 

タイトルとURLをコピーしました