ベストティーチャー(Best Teacher)の教材

ベストティーチャー(Best Teacher)では教材費を支払う必要がなく、入会金もかからないスクールなので月額9,800円という料金で英語の学習を始められます。

これは市販教材を購入せずにオリジナルテキストを使って受講していくというわけではなく、既成の教材自体がこのスクールでは取り入れられていないのです。

ベストティーチャー(Best Teacher)では通常の教材を使って受講しても生徒様にとってリアリティーがないと考えており、自分が話したい内容を元にして講師と一緒に作成していきます。

つまり、自分だけの教材を作れるのがベストティーチャー(Best Teacher)の最大のメリットで、そのテキストを使って英語の学習を進めていくという流れです。

このスクールでレッスンを受ければ受けるほど、教材のボリュームは当然のように増えますし、どのようにレベルアップしたのかという指標にもなり得るのではないでしょうか。

ベストティーチャー(Best Teacher)でのレッスンは、「初級」「中級」「上級」と3段階に分かれており、ご自身のニーズに合わせて授業を進められます。

このように、特殊なレッスンの進め方が実施されているスクールなので、一度ベストティーチャー(Best Teacher)で体験レッスンを受けてみてください。

さて、通常のレッスンでは上記でご説明したように、自分で教材を作っていく形となります。

しかし、ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトでは、TOEFL対策のためにどのような参考書を使えば良いのか記載されておりました。

資格試験の中でもTOEICと並んでTOEFLは有名で、どのようなテキストを使って学習すれば良いのか悩んでいる方は多いかもしれません。

そのような生徒は、以下の参考書を使ってスコアアップにチャレンジしてみましょう。

Official Guide to the TOEFL Test fourth edition:TOEFLの公式参考書で出題形式の説明や英語力を伸ばすコツについても網羅されている

Official TOEFL iBT Tests with Audio:TOEFLの過去問が収録されており、ボリュームが非常に多いところが大きな特徴

TOEFLテストリーディング問題270 改訂版:TOEFLのリーディングに焦点を当てた教材で、本番の試験よりも易しく設定されている

iBT対応TOEFLテスト完全攻略リスニング:リスニングに対応したテキストで、サインポスト(言葉の標識)や戦略的なメモの取り方まで解説されている

 

>>> ベストティーチャー(Best Teacher)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました