ベストティーチャー(Best Teacher)への問い合わせ

ベストティーチャー(Best Teacher)は、自分が話したい英語をトークスクリプトにするWriting(ライティング)レッスンと、それを元にして実践するSkype(スカイプ)レッスンの2種類が提供されています。

普通のオンライン英会話で実施されているようなレッスンとは異なるということで、どのように受講していけば良いのか分からないという方は多いかもしれません。

そのような生徒はベストティーチャー(Best Teacher)への入会する前に、事務局へと問い合わせてみるべきです。

ベストティーチャー(Best Teacher)はサポート体制が整っているオンライン英会話の一つで、レッスンに関する内容だけではなく、料金プランやカリキュラムなど気軽にメールで問い合わせられます。

調査が必要な技術的なお問い合わせの場合は返事までに数日がかかるかもしれませんが、基本的には生徒のために迅速な対応を心掛けてくれるはずです。

事務局へと質問するためには、ベストティーチャー(Best Teacher)の「お問い合わせ・ご要望」というページにアクセスします。

そして、「名前」「メールアドレス」「件名」「お問い合わせ本文」をフォームの中に入力し、「送信する」というボタンを押しましょう。

また、スクールに直接問い合わせなくても、公式サイトの「よくあるご質問」の中で解決できるかもしれないので、無料体験や入会の前に確認しておいてください。
 

>>> ベストティーチャー(Best Teacher)の詳細はこちら

 
さて、ベストティーチャー(Best Teacher)では日常生活のシチュエーションに応じたレッスンが行われており、その一つが「電話で問い合わせをしてみよう」です。

日常生活だけではなく、ビジネスシーンで電話応対が必要となるケースも意外と多いので、電話での問い合わせの仕方は非常に役立ちます。

ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトでも表記されていますが、以下のような単語やフレーズを学べるので確認しておきましょう。

<単語>
・責任者⇒「person in charge」
・故障⇒「out of order」
・クレジットカード⇒「credit (card)」
・営業時間⇒「business hours」

<フレーズ>
・伝言をお願いしてもいいですか?⇒「Could I leave a message?」
・すみません、番号を間違えました。⇒「Sorry, I think I dialed the wrong number.」
・パソコンの問題について電話しました⇒「I’m calling regarding a problem with my computer.」

タイトルとURLをコピーしました