DMM英会話とビジネス英語

DMM英会話ではビジネス用オリジナル教材が取り入れられており、ビジネス英語に関する内容を学ぶことができます。

豊富なオリジナル教材がDMM英会話の大きな特徴で、全て無料で使えるからこそ、わざわざ市販教材を購入する必要はないのです。

社内公用語として英語を採用する企業も現代では増えており、今後は更にグローバル化していくと考えられます。

そのような時代の変化にも対応するために、DMM英会話のレッスンでビジネス向けの表現を会話で練習してみるべきです。

DMM英会話のビジネス用オリジナル教材では、以下のように複数のパートに分かれており、順番に少しずつ学んでいくことができます。

<基本のビジネス英語>
・自己紹介
・ビジネスコール
・ディスカッション
・ミーティング
・メール

<ビジネス上の関係を作る>
・会話の開始
・新入社員
・招待状
・インタビュー
・解雇

<電話応対>
・問い合わせ
・事務局への指示
・留守番のメッセージ

<繋がりを深める>
・ビジネスエチケット
・謝罪
・アドバイス
・スタッフへの懲戒

<ミーティング>
・会議の設定
・グラフレポート
・プロジェクト
・プレゼンテーション

<仕事上の連絡>
・ビジネスメールの書き方
・オフィスメモの書き方
・発注書の書き方

<ビジネスでの交渉>
・クライアントとの交渉
・注文を処理
・募金
・販売カバレッジ

上記の内容が全てというわけではありませんが、DMM英会話ではビジネス英語のテキストだけでもこのように細かく分かれています。

順番に学んでいくことでビジネス英語のスキルを身に付けられるはずですし、ビジネスシーンで使える英語の引き出しは確実に増えるはずです。

「これから海外へ事業を展開したい」「グローバルな企業に勤めたい」「起業して世界で活躍したい」と考えているのであれば、ビジネス英語を学ばなければなりません。

「初心者には難しいのではないか」と考えている方はいらっしゃるものの、日常英会話で使用する英語の延長線上のようなものなので、基本的な知識が身に付いているのであれば理解できるはずです。

とは言え、日常英会話の知識がないのにも関わらず、いきなりビジネス英語を学習するのは順番が間違っています。

DMM英会話の講師であれば丁寧に教えてくれるかもしれませんが、初心者の方は最初に「入門」や「初級」のオリジナル教材を使って、基本的な英語スキルを学ぶようにしてください。
 

>>> DMM英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました