DMM英会話のテキスト

オンライン英会話では様々なテキストを使ってレッスンを受けることができます。

市販教材を購入してレッスンで使用することもできますが、オリジナルテキストが用意されているので基本的に教材費は一切かかりません。

元々のレッスン料金は非常に安いですし、お手頃な価格で英語学習を始められるというわけです。

そこで、DMM英会話ではどのようなテキストを使って学習できるのか、このページでは詳しくご説明しているので是非参照してみてください。

 

デイリーニュース

DMM英会話がお送りするアーティクル教材の一つがデイリーニュースで、アメリカの国営放送であるVOAを使っています。

中級者から上級者向けのテキストとなっており、「Vocabulary 単語」「Article ニュース記事」「Questions 質問」「Discussion 議論」という4つのトピックに分かれているのです。

日常英会話では登場しないような単語も出てくるので、英語の引き出しを増やすことができますし、理解力をチェックするレッスンもDMM英会話では実施されています。

また、難易度が高いと感じる生徒のために、デイリーニュースの初級編テキストも用意されており、日本語訳が記載されているので初心者の方にもおすすめです。

どちらのデイリーニュースも毎日更新されているので、DMM英会話の公式サイトでチェックしてみましょう。

 

発音テキスト

DMM英会話では発音用のテキストも用意されており、講師と一緒に日本語と英語の発声方法の違いについて学んでいきます。

外国人講師があなたの英語の発音をしっかりとチェックしてくれますし、早口言葉の英語バージョンもあるので楽しく受講できるはずです。

「shとsの発音」「peとpiの発音」「crとclの発音」「frとflの発音」「rとtrの発音」など似た発音別に学んでいくので分かりやすいですし、公式サイトで音声のダウンロードができるので復習にも役立てられます。

 

トラベルテキスト

飛行機の中での会話やホテル先での応対など、海外旅行の際に必要となる英会話を学習できるのが、DMM英会話のトラベル英会話テキストです。

海外旅行に興味がある生徒におすすめで、旅行の2ヶ月前や1ヶ月前からレッスンを受けておけば、全く話せない状態よりも楽しくなることは間違いありません。

「フライト」「空港」「交通機関」「緊急事態」「観光」など、テーマに合わせて豊富なテキストが用意されています。

 

ビジネステキスト

DMM英会話ではビジネスシーンで使用する英語のテキストも取り入れられています。

社内公用語として英語を採用している企業も現在では多く、今後も今以上にグローバル化が進むのではないでしょうか。

その際にビジネス英語に関する知識は必要ですし、DMM英会話では基礎的な内容から学習していくことができます。

「基本のビジネス英語」⇒「電話応対」⇒「繋がりを深める」⇒「ミーティングや連絡」⇒「ビジネスでの交渉」⇒「ビジネスとプライベート」など、段階を踏んで学習していくので分かりやすいはずです。

 

出版社提携教材

DMM英会話では上記のオリジナル教材とは別に、出版社提携教材が用意されています。

予約時に使用したい出版社提携教材を指定することで利用でき、「予約リスト」から無料でダウンロードできるのが大きな特徴です。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」や「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」、「絶対『英語の耳』になる! 旅する英語リスニングシーン別トレーニング50」など、豊富な種類の中から選択できます。

 

IELTSスピーキング対策

現在ではTOEIC対策やTOEFL対策だけではなく、IELTS対策ができるオンライン英会話が増えました。

その代表的なスクールがこのページでご紹介しているDMM英会話で、IELTSスピーキング対策専用のテキストが用意されています。

家族や自分自身の内容についてのパート1、カードに記載された課題について答えるパート2、試験官とディスカッションを行うパート3の3種類の教材に分かれているのが特徴です。

IELTS(International English Language Testing System)はアメリカやイギリスなど、120ヶ国で採用されている英語運用試験なのでDMM英会話でレッスンを受けてスコアアップを目指してみてください。
 

>>> DMM英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました