DMM英会話で引き起こされるトラブル

オンライン英会話のレッスンではトラブルが引き起こされることがあり、これはDMM英会話でも一緒です。

インターネット回線を使ってレッスンが実施されるオンライン英会話では、通学型の英会話スクールでは生じないようなトラブルが起こります。

「スムーズにレッスンを受け続けたい」という生徒の気持ちは痛いほど分かるものの、インターネット回線を使っている以上これは仕方のないことなのです。

DMM英会話で引き起こされる可能性あるトラブルとしては以下が挙げられます。

・講師の都合でレッスンがキャンセルされて受講できなかった
・回線の調子が悪くて音声に不具合が生じる
・先生の病気などにより他の代講の先生のレッスンを受けることになった
・周りの声がうるさくてレッスンに集中できなかった
・オリジナル教材をダウンロードできなかった
・講師からのスカイプコールが数分間程度遅れた

DMM英会話の講師も人間なのでレッスン当日に体調を崩すことはありますし、受講予定の先生と受けられないのは仕方がありません。

DMM英会話には5,000人以上の講師が在籍しており、どの先生も厳密な審査に通った方ですし、採用後もしっかりとトレーニングを行っています。

そのため、「講師の態度が明らかに悪かった」「適当にレッスンをしていた」「食べ物を食べながら教えていた」というトラブルが引き起こされることはないはずです。

もし、満足のいくレッスンを受けられず、「これはあり得ない」と思ったのであればDMMのカスタマーサポートに連絡した方が良いでしょう。

インターネット回線のトラブルに関しては、オフィス勤務ではなく在宅の講師とレッスンを受けている際に引き起こされやすいようです。

DMM英会話に限らず、オンライン英会話では基本的にフィリピン人が講師を担当しており、フィリピンでは日本のようにインフラが整っていないため、台風といった天候による影響でレッスンのクオリティが下がることがあります。

生徒側がパソコンではなく無線LANでスマートフォンから受講していたり、お互いにWebカメラを使ってレッスンを受けたりしていると、音声トラブルが生じやすいというわけです。

とは言え、DMM英会話では他のオンライン英会話とは違って、通信網の太い香港を経由して通信しているため、回線の安定度はかなり高くなっています。

仮にトラブルで英会話のレッスンにならなかった場合は、振替レッスンのレッスンチケットが貰えるので生徒が損をすることはありません。

レッスンの質に関しては、実際に無料体験で確認してみてください。
 

>>> DMM英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました