エイゴックスは消費税の影響を受けたの?

少々昔の話になりますが、2014年の4月に消費税が5%から8%に引き上げられ、今後は更に上がるのではないかと予想されています。

オンライン英会話のレッスン料金もこの消費税の影響を受けており、エイゴックス (eigox)も一緒です。

自宅で簡単にネイティブ講師とのレッスンを受けられる代表的なオンライン英会話がエイゴックス (eigox)で、レッスンの品質に気を配っている点が他のスクールとの違いかもしれません。

エイゴックス (eigox)でも2014年の4月から料金が改訂され、以下のように全て消費税込みの値段となっています。

毎月4回コース:¥3,900
毎月8回コース:¥7,500
毎月12回コース:¥11,100
毎月16回コース:¥14,600
毎月20回コース:¥18,000
毎月24回コース:¥21,000
毎月28回コース:¥23,200
毎月56回コース:¥39,200

1週間に1回のレッスンを受けたい生徒は「毎月4回コース」、1週間に2回のレッスンを受けたい生徒は「毎月8回コース」といったように、個人のスケジュールに合わせて選択できます。

消費税の増税によってレッスン料金が上がったとしても、マイペースで英語の学習を続けられるという点では一緒です。

エイゴックス (eigox)では上記の「定期コースプラン」に加えて、ポイントを都度購入するプランも用意されているので公式サイトで確認してみてください。
 

>>> エイゴックスの詳細はこちら

 
さて、消費税の増税の影響を受けているのはエイゴックス (eigox)だけではなく、全てのオンライン英会話に該当します。

業界の中でも有名なレアジョブやDMM英会話、ラングリッチといったスクールでも値上げされました。

それでも、通学型の英会話スクールに通うのと比較すると、圧倒的に安い料金で受講でき、これがオンライン英会話の最大の魅力です。

実際に、オンライン英会話と加入する生徒は右肩上がりに増えており、ブームはまだまだ過ぎ去っていないのではないでしょうか。

フィリピンのペソが値上がりしたり、人件費が値上がりしたりと今後もオンライン英会話のレッスン料金は高くなるかもしれません。

しかし、エイゴックス (eigox)でネイティブスピーカーと受講できる点は変わりないので、アメリカ人やイギリス人の講師に英語を教わりたいという生徒は一度入会してみてください。

タイトルとURLをコピーしました