EnglishLive(旧イングリッシュタウン)のブログ

EnglishLive(旧イングリッシュタウン)では、英語圏で生活するためのアドバイスや、英語学習を効率良く進めるための情報について記載されたブログがあります。

EnglishLive(旧イングリッシュタウン)の公式ブログは定期的に更新されており、英語を学習している人にとってのお得な情報が記載されているのです。

EnglishLive(旧イングリッシュタウン)のキャンペーン情報などはブログに書かれていないものの、オンライン英会話のレッスンだけではなく自宅での効率の良い英語学習法を把握できることは間違いありません。

このスクールでは毎日のようにライブレッスンが受講できるわけではなく、料金プランによって事前に回数が決められています。

だからこそオンライン英会話のライブレッスンに頼るだけではなく、自宅での意識的な復習や自習が大事というわけです。

このページでは、EnglishLive(旧イングリッシュタウン)のブログで記載されている内容を少しご紹介するので、実際のブログと合わせて確認してみてください。

 

英語で礼儀正しく異議を唱える方法

EnglishLive(旧イングリッシュタウン)のブログでは、英語で礼儀正しく異議を唱える方法がご紹介されておりました。

確かに、日本語では丁寧に相手に伝えることができたとしても、英語の言い方は全く異なるので難しいはずです。

知らず知らずの間に相手に不快感を与えているかもしれないので、正しい表現で相手の気分を害さないようにしなければなりません。

そこで、「異議を唱える前に相手の意見を確認する」「反対意見は謝罪から始める」「意見の不一致を認める」「相手がただ間違っていることを伝えるのは避ける」という点が重要となります。

ディスカッションやディベートを行う時は、相手の意見も尊重しなければならないのです。

 

間違えやすい英語

「each」と「every」は間違えやすい英単語で、正しい意味を知らずに活用している方はそれなりに多くいらっしゃいます。

似通った単語なのは間違いないものの、何か一つを見せる時に「each」、一組の要素の中の個々について言及する時に「every」を使用するとブログでは書かれておりました。

何かが起こる頻度を示す際にも「every」は使われ、二つのものについて述べる際は「each」を使用しなければならないと頭に入れておくべきです。

 

英語で上手く面接を受けるには

ビジネスで英語を使う企業に就職したいと考えている方は、英語で上手く面接を受けるためにはどうすれば良いのか記載されているEnglishLive(旧イングリッシュタウン)のブログが参考になります。

就職面接で英語が使われるケースは少なくありませんし、日常英会話やビジネス英語だけではなく、専用の面接対策も同時に行っておいた方が良いのです。

そこで、「自己紹介してください⇒Tell me about yourself?」「あなたの長所はなんですか?⇒What is your greatest strength?」「私たちの会社にどのように貢献できますか?⇒How can you contribute to our company?」という質問の答えを事前に調べておきましょう。

多くの企業面接で問われる質問ですし、オンラインで調べて答えを準備しておくことが実に大事なのです。
 

>>> EnglishLive(旧イングリッシュタウン)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました