EnglishLive(旧イングリッシュタウン)へのクレーム

人付き合いを行っていく上で最も難しいのは、相手の気分を害さないように誘いを断ることで、クレームも同じだと言えます。

何かしらのトラブルがあってクレームを付ける場合に、どのような英語表現を使えば良いのかEnglishLive(旧イングリッシュタウン)では学んでいくことができるのです。

普通のオンライン英会話ではフリートークやテキストを進めてレッスンを受けていく形となりますが、クレーム処理について学ぶ機会は少ないかもしれません。

しかし、EnglishLive(旧イングリッシュタウン)ではクレームを付ける時の対応についても学習でき、大いに役立つはずです。

そこで、どのようなフレーズが使われるのか、以下を見て確認してみましょう。

「お忙しいところ申し訳ありません」⇒「I’m sorry to bother you・・・」
「ちょっと手伝っていただけませんか?」⇒「Can you help me with this?」
「あなたの情報は間違いです」⇒「Your information is wrong.」
「何か誤解があるようですね」⇒「I’m afraid there may be a misunderstanding.」
「すみません、私もそれは理解していますが」⇒「Excuse me, but I understood that・・・」
「こんなこと了解できません」⇒「This is unacceptable.」
「責任者とお話させてください」⇒「I need to speak with a manager.」

上記のような英語のフレーズはクレームを付ける際に良く使われる表現で、海外旅行でも必要となるかもしれません。

このように、EnglishLive(旧イングリッシュタウン)ではトラベル英会話の授業も受けることができ、不祥事が生じた時のために使えるようになっておいた方が良いのです。

特に、クレームを付ける時はその問題が直接的に担当者以外に当たることがあり、「あなたが悪いのではないとは分かっていますが⇒I understand it’s not your fault・・・」という表現が役に立ちます。

日本語でも英語でも、どんなに不公平な状況であっても丁寧にクレームを言い表す必要性があるので、婉曲的な言語を使えるようになっておいた方が良いのです。

日本ならばまだしも、海外で偉そうな態度を取っていると周りの人間から良く思われないかもしれないので、EnglishLive(旧イングリッシュタウン)で正しい表現を学ぶようにしてください。
 

>>> EnglishLive(旧イングリッシュタウン)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました