EnglishLive(旧イングリッシュタウン)とフラッシュカード

EnglishLive(旧イングリッシュタウン)では効率的な学習環境を受講者に提供しており、その一つがフラッシュカードです。

語彙力をアップさせるための学習がフラッシュカードで、英単語やフレーズが75,000語も登録されています。

音声認識テクノロジーを取り入れており、いつでもどこでも自分の苦手な英単語やフレーズを学習できるというわけです。

EnglishLive(旧イングリッシュタウン)のフラッシュカードは模擬テストのようなもので、様々なタイプの学習方法に対して効果的だと心理学的な教育研究によって証明されました。

オンラインコースに取り入れられているフラッシュカードで、分散学習で脳に記憶させた情報を呼び起こして思考力を更にアップさせるという効果があるのです。

自分の知らない新しい英単語た表現を覚えられるとともに、正しい発音をマスターできるところも大きな特徴なのではないでしょうか。

正しい英文法の知識を持っていたとしても、発音が間違っていてはネイティブには伝わりませんし、スムーズに会話をしていくためには発音は欠かせない要素の一つなのです。

フラッシュカードによる学習と、ライブレッスンによるスピーキングを同時に行っていれば、短い期間で発音矯正ができるかもしれません。

自分専用の単語リストを作り、習得済みの単語や覚えるべき単語をユニットやアルファベット順で分類できる便利な機能も備わっています。

自分の好みに合わせてカスタマイズして効率良く学べるので、一度EnglishLive(旧イングリッシュタウン)のフラッシュカードを利用してみてください。
 

>>> EnglishLive(旧イングリッシュタウン)の詳細はこちら

 
さて、英単語やフレーズを習得するに当たり、蛍光ペンや下線を引いて学習している方は多いのではないでしょうか。

英語に限らず、中学生や高校生の時にこのような学習法を取り入れている方は実に多く、効率的に頭に記憶させられると考えるかもしれません。

しかし、とある研究によってこの学習法はほとんど効果がないことが分かり、自分で覚えているつもりになっているに過ぎないのです。

蛍光ペンや下線を引く学習と比べて、EnglishLive(旧イングリッシュタウン)のフラッシュカードや分散学習の方が圧倒的に得られる効果が高いと考えられています。

単語力の増強において中心となるツールですし、タブレットやスマートフォンといった端末を活用することも可能です。

長い時間をかけて英語のレッスンを受けていても、毎日の学習法が間違っていては得られる効果は半減するため、今一度自分の勉強方法を見直してみてください。

タイトルとURLをコピーしました