EnglishLive(旧イングリッシュタウン)と発音

EnglishLive(旧イングリッシュタウン)では発音矯正専用のカリキュラムは取り入れられていないものの、ライブレッスンを通して正しい発音で英語を話せるようになります。

それは、このスクールにネイティブ講師が在籍しているからで、綺麗な発音の英語を話す先生と一緒に学習できるのです。

一般的なオンライン英会話では格安の料金を生徒へと提供するために、フィリピン人の講師が採用されています。

フィリピンの公用語の一つは英語ですし、オンライン英会話の講師であれば正しい知識を持ち合わせているものの、多少の訛りがあるのは事実です。

その点、EnglishLive(旧イングリッシュタウン)に在籍しているネイティブ講師であれば、訛りのない綺麗な英語を話します。

アメリカ人やイギリス人、カナダ人やオーストラリア人など、数千人規模のネイティブ講師がEnglishLive(旧イングリッシュタウン)には在籍しているため、生徒は正しい発音を習得できるというわけです。

アメリカ英語だけではなく、イギリス英語の知識を得られるのもこのオンライン英会話の魅力かもしれません。

英語は些細な発音の違いだけで全く意味が異なることもあるため、外国人が話す英語を参考にして、日本人が陥りやすいカタカナ英語を卒業できるように努力するべきです。

自己学習教材のコラムや動画では、「LimbとLimp」「SaidとSet」「LooseとLose」「QuiteとQuiet」など、似た発音の英語に焦点を当てて学習できます。

ライブレッスンと合わせて学習を行い、正しい発音で英語を話せるように努力してみてください。
 

>>> EnglishLive(旧イングリッシュタウン)の詳細はこちら

 
さて、英語の発音を上達させるためには、とにかく何度も話すことが大事で、自然と正しい発音を身に付けることができます。

EnglishLive(旧イングリッシュタウン)のグループレッスンは複数名の生徒で受講していくものの、プライベートレッスンであれば1対1なので自分が話す時間は長くなるはずです。

事前に講師に伝えておけば発音を重視したレッスンを提供してくれるはずなので、EnglishLive(旧イングリッシュタウン)で発音矯正を行ってみましょう。

また、オンライン英会話のレッスンだけではなく、自宅での学習でもあなたの声帯を英語に慣らすコツはあるので、以下を確認してみてください。

「Listen to yourself」:自分の話した英語を録音して聞き比べる
「Slow down」:早いスピードではなく最初はゆっくりと英語を声に出す
「Picture it」:唇や顔の位置を考えながら発音する
「Get physical」:自分の口に英語を発音するための新しい動きを覚えさせる
「Watch yourself」:鏡の前に立って舌や口の形を確認する
「Be poetic」:音の上がり下がりや強調する部分を明確にする
「Sing a song」:英語の歌の歌詞を覚えて大声で歌ってみる

タイトルとURLをコピーしました