ぐんぐん英会話の教材・テキスト

ぐんぐん英会話ではオリジナルテキストは取り入れられていないので、基本的にフリートークを行うか市販の教材を使用する形となります。

無料体験ではまだぐんぐん英会話に入会するかどうか分からないはずなので、フリートークが実施されるのです。

「どのようなレッスンを受ければ良いのか分からない」とぐんぐん英会話のカスタマーサポートに問い合わせてみると、「生徒様の英語力を把握するためにまずはフリートークを行わせて頂きます」との返信がありました。

無料体験が終わってぐんぐん英会話に入会することが決まれば、推奨されている市販教材を使ってレッスンを受講していけば良いのです。

そこで、このページでは、ぐんぐん英会話で推奨されている市販テキストを幾つかご紹介しているので、どれが自分に合っているのか考えてみてください。

 

日常会話向けテキスト

基本的な英会話力を高めたいと考えているのであれば、ぐんぐん英会話で推奨されている日常会話向けテキストがおすすめです。

世界で最も売れている教材の「Side by Side」、全6シリーズで構成されている「Exploring English」、基本的な文法や語彙を学ぶ「Interchange」、英語教育本のベストセラーである「American Headway」を使っていきます。

どの教材でも1冊目であれば簡単な内容から学べるはずなので、初心者の方でも安心して受講できるはずです。

 

子供向けテキスト

ぐんぐん英会話は大人だけが受講できるオンライン英会話ではなく、子供向けテキストが用意されているので特に年齢制限はありません。

小さなお子様でも社会人の方でも、英語力を上げたいという意欲を持っている生徒であれば大歓迎です。

推奨されている子供向けテキストは、親しみやすいキャラクターを用いた「Let’s Go! Book」、多数の例文とイラストが豊富な「Up and away」の2種類となっています。

 

ビジネス向けテキスト

高度な英会話を学びたいという生徒のために、ぐんぐん英会話ではビジネス向けテキストが推奨されています。

挨拶や時間、電話応対などビジネスシーンで必要となるスキルを身に付けるための教材が「Business venture」で、3冊で構成されているところが大きな特徴です。

ビジネス英語に初めて取り組む方は、「Business venture beginner」を使いましょう。

 

TOEIC対策テキスト

資格試験のスコアアップを目指している方は、TOEIC対策テキストの使用がおすすめです。

TOEIC対策に関してはフリートークを行うよりも、市販教材の問題集などを通して学習した方が大きな効果を得られます。

「ETS Tactics for TOEIC listening and reading」や「ETS TOEIC テスト公式問題集」の使用で、スコアアップできるよう努力してみてください。
 

 

タイトルとURLをコピーしました