ラングリッチと英検

TOEIC以外の英語の資格として英検は有名で、資格の取得のために勉強している日本人は多いかもしれません。

オンライン英会話のラングリッチでは英検対策用のレッスンは実施されていないものの、試験に合格するための英語力を手に入れることは十分にできます。

英検は「スピーキング」「リスニング」「ライティング」「リーディング」という4つの英語技能に重点を置いており、これがTOEICのテストとは大きく異なるポイントです。

TOEICでは「聞く」と「読む」の2つに重点を置いており、全てテストは4拓なので適当に回答しても正解することはあります。

英検の試験内容によっても異なるものの、全ての英語力を平均して高めなければ希望のレベルに合格できないので、ラングリッチといったオンライン英会話の受講が最適なのです。

ラングリッチでは様々なテキストを使って英語の学習ができ、対話形式のレッスンによってリスニング力とスピーキング力を鍛えていきます。

生徒の要望に合わせて英文添削といった授業も提供してくれるので、ライティング力やリーディング力も同時に高められることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

英検では5級から1級までのレベルがそれぞれ設定されており、自分に合ったレベルに合格するためにもラングリッチで学習を積み重ねてみるべきです。

どの年齢の方でも受講できますし、インターネットから簡単に登録できるので、一度無料体験でレッスンを受けてみてください。
 

check-s011

ラングリッチの詳細はこちら

 
さて、一口に英検と言っても下記で記載されているように、様々な種類が用意されています。

英検 (実用英語技能検定):日常生活に必要な実用英語のスキルを測る
全商英検:商業教育を通して実社会に貢献できる人材の育成を支援している
ケンブリッジ英検:イギリスのケンブリッジ大学により設立された
国連英検:英作文や国際政治に関する英語問題が出題される
国際英検 G-TELP:ノンネイティブの英語力を測るテスト
日商ビジネス英語検定試験:ビジネスシーンで必要な英語スキルを測るテスト
時事英語検定試験:国際ニュースの理解力を測るためのテスト

「英検3級」「英検2級」と一般的に使われているのは上記の英検 (実用英語技能検定)ですが、これ以外にも幾つもの種類があります。

ラングリッチでは英語力を総合的に高めるレッスンが受けられますし、個人の要望に合わせてビジネス英語やニュース記事を使ったレッスンも可能です。

そのため、日商ビジネス英語検定試験や時事英語検定試験の対策にも繋がるかもしれません。まずは、どのような目的でこれらの試験を受けたいので、今一度自分で考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました