ラングリッチと発音矯正

英語の発音矯正を考えているのであれば、このページでご紹介しているオンライン英会話のラングリッチをおすすめします。

ラングリッチでは発音矯正のための教材が用意されており、それはスピークリッチテキストです。

英語を母国語としない私たち日本人のような人々が正しい発音を手に入れるために作成されたテキストで、日本語と英語の発音の違いを正しく学ぶことができます。

カタカナやローマ字読みで英語を覚えてもネイティブには伝わらず、それは言葉が持つ性格や背景が日本語と英語では大きく異なるからです。

例えば日本語の母音は5個なのに対して英語は30個近くありますし、周波数やアクセントにも大きな違いが生じています。

日本語のような感覚で英語を話しても正しいとは限らないので、ラングリッチのスピークリッチテキストを使って一から発音矯正を行った方が良いのです。

英語の発声を舌の形から矯正でき、注意するべき発音ポイントを徹底的に練習することでカタカナ英語を卒業できます。

「舌を歯茎に触れた状態で発音する」「舌を巻きながら発音する」「小さいウを付けて読む」など、日本語で丁寧に説明されている点がスピークリッチテキストのメリットかもしれません。

ラングリッチで独自に作られているスピークリッチテキストは無料で誰でも利用できるので、より効果的に発音矯正をするために利用してみてください。
 

check-s011

ラングリッチの詳細はこちら

 
さて、ラングリッチのスピークリッチテキストでは、似た要素の音をまとめて学習する形となっているため、効率良く発音矯正ができます。

日本人の天敵とも言える「LとR」、「無声音pと有声音b」など、2つの発音を1セットで学んでいくという仕組みです。

もちろん、オンライン英会話で頻繁に実施されているフリートークでも、講師によっては生徒が間違った発音をしていると正しい言い方に訂正してくれます。

しかし、全ての講師が発音のチェックをしてくれるわけではありませんし、ラングリッチの専用テキストで本格的に発音矯正をした方が効果的なのは間違いありません。

また、より大きな効果を得るためにも、発音矯正を考えている生徒は、少しでも上手な発音をしている講師と一緒にレッスンを受けるのがベストです。

ラングリッチの公式サイトでは講師の一覧表が掲載されており、それぞれの講師の写真や経歴といったプロフィールが掲載されています。

その中には、YouTubeで自己紹介ビデオや発音デモンストレーションの動画が見られるので、実際に発音を確かめてから講師の予約を行うようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました