ラングリッチのインターン

「フィリピンのセブ島で働いてみたい」という大学生や専門学生のために、ラングリッチではインターンが取り入れられています。

アジアのリゾート地であるフィリピンのセブ島で生活しながら、ラングリッチの業務に携わることができるのです。

もちろん、現地では基本的に英語で会話を行う形となるため、オンライン英会話の業務について知ることができるだけではなく、海外で生活を続けることで英語力のアップに繋がるのではないでしょうか。

異文化に触れながら英語の学習を行い、同時にオンライン英会話事業に関われるということで、ラングリッチのインターンを申し込む生徒は年々増えています。

ラングリッチのインターンシップで行う業務は、在籍している生徒のお問い合わせといったお客様対応や、サービスの改善提案、フィリピン人講師のマネジメントが中心です。

ラングリッチに在籍しているスタッフと直接コミュニケーションを取る業務も多く、英語力が試される環境に身を置くことができます。

日本で生活をしていても絶対に体験できない環境なので、ラングリッチのインターンで人間的にも英語力的にもスキルアップを目指せるはずです。

ラングリッチのインターンに応募したいという生徒は、「ラングリッチセブ島オフィス インターンへの応募」という件名で「recruit@langrich.com」にメールを送る形となっています。

応募期限は特に設定されておりませんし、TOEICやTOEFLのスコアといった英語スキルが記載された履歴書を送付するだけなので、積極的にチャレンジしてみてください。
 

check-s011

ラングリッチの詳細はこちら

 
さて、ラングリッチのインターン先は留学と同じフィリピンのセブ島オフィスで、住居費や食費、現地交通費やVISA手続き費用の支給といった待遇があります。

年度によって異なるので一概には説明できないものの、面談の時に詳しい説明を受けるはずです。

渡航費や海外保険費用などは自費で負担しなければなりませんが、海外で働く機会は滅多にありませんし、同時に英語力のアップにも繋げられるのです。

1ヶ月間で休日は7日用意されているため、リゾート地のセブ島を満喫することも十分にできます。

ただし、ラングリッチのインターンに参加するためには、「6ヶ月以上に渡って勤務できる方」という条件があるので注意が必要です。

恐らく、半年間の間は日本に帰ることはできませんし、フィリピンのセブ島でずっと暮らす形になるので、詳細はラングリッチの事務局へとメールや電話をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました