ラングリッチと面接

ラングリッチは英語での面接対策ができる数少ないオンライン英会話で、専用のオリジナルテキストが用意されています。

外資系企業に就職するための面接では日本語だけではなく英語での会話が求められることが少なくありませんし、通常の英会話スキルだけではなく面接用の対策を行わなければならないのです。

そんな時にラングリッチの英語面接用テキストが適しており、試験対策の一環として面接をシュミレーションできます。

英語表現を的確に運用できるようになれば、海外での就職に備えた面接対策に繋がりますし、ラングリッチの教材はそのサポートをしてくれるというわけです。

実際のレッスンは、「授業前に教材に目を通す」⇒「教材の質問に応える準備を行う」⇒「講師と模擬面接を行う」⇒「英作文を講師に添削してもらう」⇒「模擬面接でのやり取りの復習を行う」という流れで進められます。

英文履歴書や英文職務経歴書の添削を講師にしてもらうこともできますし、個人の目的に合わせたレッスンを受けられるのがラングリッチのメリットなのではないでしょうか。

独学で学ぶのは少々難しいとしても、対話形式で授業が進められるオンライン英会話であれば、面接対策も容易に行えるというわけです。

ラングリッチの無料体験では基礎英会話テキストだけではなく、英語面接用のテキストも使用できるので、興味のある方は2回のレッスンでどのように進められるのか確認してみてください。
 

 
さて、ラングリッチで英語の面接対策を行っていく場合は、面接の際に使用される英語表現を中心に学習していきます。

自己紹介してください⇒「Tell me about yourself?」
なぜ、我が社で働きたいと思われたのですか?⇒「Why do you want to work for us?」
あなたの長所を教えてください⇒「What are your strong points?」
あなたの短所はなんですか?⇒「What is your greatest weakness?」
会社の場所はすぐわかりましたか?⇒「Were you able to find our office easily?」
残業についてはどうお考えですか?⇒「How do you feel about overtime work?」
私たちの会社にどのように貢献できますか?⇒「How can you contribute to our company?」
なにか質問はございますか?⇒「Do you have any questions?」

上記のようなフレーズをオンライン英会話のレッスンで学んでいき、ラングリッチでは講師と模擬面接を行うことも可能です。

日本語での面接と同じように、英語面接でも必ずと言って良いほど聞かれる項目があるので、定型表現のスピーキングやリスニングを練習するのが良いでしょう。

外資系企業の英語面接を受ける予定のない生徒でも、自分の英語の引き出しを少しでも増やすために、ラングリッチの英語面接用テキストを使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました