ラングリッチの講師は訛りがあるの?

ラングリッチに在籍している講師に訛りがあるのか、疑問を抱えている生徒の方はいらっしゃいます。

確かに、フィリピン人が話す英語はアメリカ人やイギリス人といったネイティブが話す英語とは少々異なり、訛りがあるのは紛れもない事実です。

しかし、これはラングリッチに限らず他のオンライン英会話にも同じように言えることですし、取り立てて気にすることはありません。

ネイティブが話す英語と違うという意味では私たち日本人と一緒ですし、むしろアジアの中でもフィリピン人は綺麗な英語を話します。

フィリピンの第二公用語として英語が広く浸透していますし、幼い頃から英語を話しているので日本人よりも綺麗な英語を話すのです。

それに、ラングリッチには質の高いフィリピン人講師が数多く在籍しており、数々の採用を乗り越えた人のみで構成されています。

面接や筆記試験、最終試験などを乗り越えなければラングリッチの講師を名乗ることができず、講師として採用された後も定期的にトレーニングを実施しているのです。

つまり、多少の訛りがあったとしても優秀な人材とレッスンを受けられるので、ラングリッチで英語力を大きく上げられることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

全く訛りのないフィリピン人はおりませんし、ネイティブでも発音にクセのある方はいらっしゃるので、オンライン英会話のラングリッチで学習を続けてみてください。
 

check-s011

ラングリッチの詳細はこちら

 
さて、フィリピンでは大学教育においてほとんど英語が使われていますし、高等教育を受けた方であれば間違いなくネイティブスピーカーに近いレベルで英語を話します。

ラングリッチは名門大学の在学生や卒業生を中心に構成されており、質の高い人材がしっかりと揃っているのです。

ネイティブでなければ英語を教わることができないというわけではなく、講師の質が最も大事だと言えるかもしれません。

そのため、多少の訛りがあっても英語をしっかりと教えてくれるフィリピン人講師の方が、ネイティブよりも適しているのはそこまで不思議ではないと言えます。

フィリピン人の人柄はフィリピーノホスピタリティという言葉で表現でき、初めてお会いした人でも親切に接してくれるのです。

オンライン英会話に在籍している講師も全く一緒で、初めて英語のレッスンを受ける方が安心できるように導いてくれます。

元々の人柄だけではなく、専用のトレーニングを積んでいるのがラングリッチの講師なので、このスクールで英語力を上げる努力を行ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました