ラングリッチのレッスンは録音できるの?

英語の正しい発音を手に入れるために、ラングリッチではスピークリッチテキストが採用されており、カタカナ英語を卒業して正しい発音へと矯正できます。

舌の形から矯正してくれるのでスピークリッチテキストは効果的かもしれませんが、同時に自分の英語の発音を録音して聞いてみるのも選択肢の一つです。

講師から英語の発音に関する注意を受けたとしても、自分がどのように英語を話しているのか分からなければ意味がありません。

自分の出した声が音として聞こえる場合と、録音して聞こえてくる音には違いが生じており、発音矯正には後者が大事なのです。

ラングリッチだけに関わらず、オンライン英会話ではソフトウェアとしてスカイプを使用しているケースが多く、他のソフトと連動させることで音声を録音できます。

実際に発音について分かった気でいても、ネイティブ相手には伝わらないこともあるので、自分の音声を録音して聞くという復習も大事なのではないでしょうか。

スカイプの音声を録音するためには、「Tapur」「Evaer」「CallTrunk for Skype」「iRecorder」「Vodburner」「Xsplit」といったソフトを活用します。

中には既に使えなくなっている録音ソフトがあるかもしれないので、実際に公式サイトにアクセスしてダウンロードできるかどうか確かめてみるべきです。

ラングリッチのレッスンでスピークリッチテキストを使用し、授業が終わった後に録音した自分の音声を聞いて効率良く発音矯正を行うようにしてください。
 

check-s011

ラングリッチの詳細はこちら

 
さて、効率的に発音力を上げたいと考えているのであれば、レッスンで録音した自分の英語の発音を聞くだけではなく、発音記号をしっかりと覚える必要があります。

発音記号の使い方が分からなければ意味がありませんし、正しい発音で何回も反復練習を行うことが大事なのです。

また、声に出して発声するだけではなく、「heardとhard」「lawとlow」など混同しやすい英単語を聞き取れる練習も同時に行っていれば、発音矯正だけではなくリスニング力のアップにも繋がります。

このようなレッスンをラングリッチのスピークリッチでは行えますし、テキストの使用に関しては全て無料なので教材費を支払う必要はありません。

もちろん、発音矯正のレッスンだけではなく、ビジネス英語の学習やニュース記事を使ったレッスンなど、幅広い学習方法が取り入れられているスクールなので、自分の目的に合わせて使い分けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました