ラングリッチのスピークリッチ

ラングリッチでは発音矯正のレッスンを受けることができ、スピークリッチテキストを使って実施されています。

ラングリッチの目玉とも言えるレッスンがこのスピークリッチで、カタカナ英語を卒業してネイティブ並みの発音を手に入れられるのです。

もちろん、アメリカ人やイギリス人が話すような英語を日本人が習得するのは難しいですし、長い期間がかかるかもしれません。

しかし、ラングリッチのスピークリッチテキストを使ってレッスンを受ければ、今まで以上に聞き取りやすい英語を話すことができます。

英単語の引き出しを増やしたり文法を学んだりする学習は英語に欠かせないものの、発音が悪ければ相手に通じないので、スピークリッチテキストが大いに役立つのです。

それに、自分が発音できない音を聞き取るのは至難の業ですが、発音矯正して正しい英語を話せるようになれば自然とリスニング力の向上に繋がります。

そもそも、日本語と英語の発音は根本的に違っており、母音の数は日本語が5個なのに対して、英語は14個もあるのです。

子音は日本語が14個なのに対して英語は24個と大きな違いが生じており、音の発声方法から学ばなければ正しい発音を手に入れることはできないのではないでしょうか。

そのサポートをしてくれるのがラングリッチのスピークリッチテキストなので、このオンライン英会話で学習を考えている方は一度チャレンジしてみてください。
 

check-s011

ラングリッチの詳細はこちら

 
さて、このページでは、ラングリッチのスピークリッチテキストで学ぶ内容を更に詳しく説明していきます。

ネイティブ並みの発音を身に付けるには全ての音を練習しなければならず、「LとR」「SとSH」「VとB」など、似た要素の音をまとめて効率良く学んでいくのです。

そして、正確な発音を手に入れるために、スピークリッチテキストの中には舌の形のイラストまで入っており、講師の真似をしながら発声していきます。

例えば、「彼女」という意味の「she」はカタカナでは「シー」ですが、英語では「シィー」という感じで発音するのが正しく、カタカナとは大きく異なる点がお分かり頂けるはずです。

この正しい発音の仕方を身に付けなければカタカナ英語は卒業できないので、イラストの入ったラングリッチのスピークリッチテキストは役立つのではないでしょうか。

ラングリッチでは生徒が飽きずに受講できるように、英単語だけではなく英文を使って発音のレッスンをしたり、英語の早口言葉のタングツイスターを行ったりできます。

公式サイトでは在籍している講師の一覧表を見ることができ、それぞれの自己紹介動画が掲載されているので、少しでも発音が上手な先生とスピークリッチテキストで学習してみてください。

タイトルとURLをコピーしました