ネイティブキャンプのインターン情報!採用特典や業務内容を徹底解説!

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターン情報について徹底解説!

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターン情報

※横にスクロールできます。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターン情報!
インターンの費用 無料(セブ島0円留学)
インターン採用特典 白砂で透明感あふれるビーチやBBQランチ
インターンの業務内容 オンライン英会話の運営のお手伝い
インターン中の英語学習 1日に4時間に渡る語学の学習OK
募集要項 年齢18~30歳くらいまで(英語力は問わない)

オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)では、0円留学のインターンが実施されています。

海外へのインターンシップで英語を学びながら、現地での生活を体験したりオンライン英会話の業務に携わったりできるのが魅力的ですね。

以下では、海外へのインターンにどのようなメリットがあるのかいくつか挙げてみました。

  • グローバルな企業に就職したり転職したりする際に有利になる
  • 英語漬けの毎日を送って英語脳をしっかりと鍛えられる
  • 本場のグローバル社会を肌で感じることができる(日本では絶対にできない経験)
  • 日本にいるよりも自然な形で英語力のアップが期待できる

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の公式サイトでも、「海外で就労経験が積める」「英語を使った業務に携わることができる」などが海外インターンの良いところだと記載されています。

海外インターンシップのメリット

海外インターンシップのメリット

通常の留学では留学生が一定の費用を支払わないといけないのに対して、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンは完全無料!

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンに興味をお持ちの方は、こちらのページを参考にしてみてください。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンの募集要項!

※横にスクロールできます。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンの募集要項
業務内容 オンライン英会話の運営のお手伝い
応募資格 ・年齢18歳~30歳くらいまで
・英語力・性別・経験等は問わない
・最短3か月より滞在が可能な方で明るくやる気がある
・長期滞在可能な方、留学経験のある方
勤務地 フィリピンのセブ島
勤務時間 1日実働8時間(業務4時間+英会話レッスン4時間)
シフトの例 5:00~14:00、9:00~18:00、14:00~23:00、20:00~5:00
待遇 ・英語講師と1対1の英語レッスン1日4時間
・食事(現金支給)
・社宅完備(水道・光熱費込)
・ビザ代全額会社負担
・業務終了後、オンラインレッスン受け放題!
応募先 https://nativecamp.co.jp/recruit/contact-intern/

上記の表は、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンの募集要項です。

18歳~30歳くらいの年齢の人であれば、英語力が低くても海外旅行の経験がなくてもインターンに参加できますよ。

最低でも3ヵ月以上に渡って滞在可能で、やる気やモチベーションがあればOK!

ただし、現在では新型コロナウイルスによる影響でNativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンは実施されていません。

いずれまた再開しますので、詳細はNativeCamp(ネイティブキャンプ)の公式サイトを要チェックです。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の公式サイトはこちら

【口コミや評判まとめ!】ネイティブキャンプのメリット・デメリット、無料体験の流れを全解説!
NativeCamp(ネイティブキャンプ)は無制限レッスンOKのオンライン英会話!月額6,480円で何回でもマンツーマンレッスンを受けられます。ここではネイティブキャンプのメリットやデメリット、受講生の口コミや評判についてまとめました。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンでの英語学習!

英会話レッスン

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンで行う内容!
語学学習 1日に4時間に渡って英会話レッスンを受ける
運営の仕事 1日に4時間のオンライン英会話運営の仕事を行う

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンでは、英語の学習と運営業務の両方を行うスタイルになっています。

現地でオンライン英会話の仕事に携わる代わりに、フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンOK!

普段は画面越しで話しているNativeCamp(ネイティブキャンプ)のフィリピン人講師と、面と向かって英語を話すのは新鮮味があるのではないでしょうか。

以下では、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンの1日についてまとめてみました。

※横にスクロールできます。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンの1日
8:50出社 セブでの出勤時間は徒歩5分で、出勤したらコーヒーを入れて準備環境
9:00 メールを見て講師からのメッセージや昨日の共有事項を確認する
10:00 社員さんのお手伝いをして徐々に業務内容を覚えていく
11:00 カスタマーサポートのお手伝い・生徒さん役になって講師を教育する
13:00 会社の食堂やジョリビーでランチタイムを過ごす
14:00 人気のカランレッスンやTOEICレッスンをフィリピン人講師と受講する
17:30 毎日のレポートとして日報を記入する
18:00 1日の業務は終了でインターン生同士でご飯に行ったりと自由時間

住環境はとても快適で、オフィスの近くにはスーパーやレストラン、マッサージ屋さんがたくさんあります。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の会社寮の室内写真

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の会社寮の室内写真

海外で過ごしながら1日4時間のマンツーマンレッスンを受ければ、短期間で英語力を高めるのも不可能ではありません。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンで行う業務内容!

インターンの業務内容

※横にスクロールできます。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンで行う業務内容!
カスタマーサポート業務 電話やメールの問い合わせへの対応
カウンセラー業務 ネイティブキャンプの利用方法説明やお悩み相談
英会話レッスン受講業務 フィリンピン人講師とのデモレッスンの受講
ブログ作成業務 英会話に関するブログ記事の作成
教材作成業務 ネイティブキャンプの教材やテキストの作成
講師育成業務 講師へのレッスン教授法の指導や教育
人事業務 講師の採用や社内レクリエーション企画など

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンシップに参加すると、上記の7つの業務内容をこなします。

配属先は個人の適性や英語力に合わせて決まる仕組みですね。

「サポートセンターやカウンセラーの補助は自分にできるの?」と不安を抱えている方は少なくありません。

しかし、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のスタッフが丁寧に業務内容を説明してくれますので、インターンに参加して仕事に取り組んでいればだんだんと慣れていきます。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンで行う業務はたくさんありますが、中でもフィリピン人講師とのデモレッスンは重要!

実際にデモレッスンを受けてフィリピン人講師を育成する形になりますので、オンライン英会話の運営に直接関わってきます。

ブログの記事の投稿手順やカスタマーサービスの対応方法については、担当のスタッフに伺ってみてください。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンの採用特典!

ネイティブキャンプのインターンの特典

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターン中は、採用の特典として次のようにプライベートが充実します。

  • アイランドピクニックで人気のパンダノン島へ
  • 白砂で透明感あふれるビーチ
  • BBQランチ
  • エメラルドグリーンの海でスノーケリング

英語の勉強をしたり運営の手伝いをしたりするだけではなく、フィリピンでのレジャーを楽しめるのは嬉しいポイントですね。

海外旅行を純粋に楽しむ時間も用意されていますので、普段からオンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)でレッスンを受講している大学生や専門学生は、インターンに参加してみてはいかがでしょうか。

※大学生がオンライン英会話を利用するメリットとおすすめのスクールはこちら!

オンライン英会話は学生でも受講できるの?
英語を自宅で学習できるオンライン英会話はキッズや社会人だけではなく、学校の授業で英語をバリバリ勉強している学生にも適しています。 どのオンライン英会話でも特に年齢制限はなく、高校生でも大学生でも英語の学習に役立てられるのです。 ...

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンシップ開始までの流れを徹底解説!

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンシップ開始までの流れ

募集要項を満たしている人であれば、誰でもNativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンに参加できます。

以下では、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンシップ開始までの流れをまとめました。

  1. ネイティブキャンプの公式サイトからインターンに関する問い合わせをする
  2. インターンシップの応募書類を提出してSkype面接を受ける
  3. 内定をもらったらフィリピンへの渡航時期の相談をする
  4. インターン生の航空券を手配してフィリピンに渡航する
  5. 現地でビザを取得してそのまま活動を継続する

無料で海外に行ける機会は中々ありませんので、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンを有効活用してみてください。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンの口コミや評判まとめ!

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンの口コミや評判

もうそろそろ2019年も終わりに近づいていますが、恐らくNativeCamp(ネイティブキャンプ)では2020年もインターン生を募集します。

生徒数をじわじわと伸ばしているオンライン英会話ですので、来年も0円留学ができるわけです。

そこで、このページでは今までにNativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンを利用した方の口コミや評判の情報を紹介していきます。

私は無料トライアルで気に入ったので、NativeCamp(ネイティブキャンプ)に入会しました。0円でセブ島への留学ができるインターンも用意されていてビックリ!2018年のインターンに参加しましたが、英語をしっかりと話せる環境に身を置くことができますよ。

1ヵ月間に渡ってNativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンに参加しましたが、あまり英語力は伸びていません。1日3コマの授業とインターンの仕事だけでは中々英語力はアップしないので、自主的な学習も必要だと思います。

もっと自分の語学力を伸ばしたいと思ったので、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンシップを利用しました。大学生だけではなく、27歳の自分でも要件を満たしていれば参加できます。毎日フィリピン人講師とマンツーマンレッスンを受けたり、ランチタイムに一緒に食事をしたりと楽しい海外生活を送ることができました。

海外に行くのは初めてだったので不安でした。しかし、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のスタッフがインターンや留学のサポートをしてくれます。現地では英語の学習と仕事を同時に学べるのが魅力的です。

まとめ

以上のように、オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンについてまとめました。

0円留学で英語のレッスンを受けたり、オンライン英会話の仕事をしたりできます。

20代を中心に同じインターン生との関わりもありますので、楽しい海外生活を送って良い経験ができること間違いなし!

「英語力が伸びた」「参加して良かった」と口コミでも評判ですので、皆さんもNativeCamp(ネイティブキャンプ)のインターンに参加してみてください。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました