NativeCamp(ネイティブキャンプ)の教材

NativeCamp(ネイティブキャンプ)は2015年の3月に開校された新しいオンライン英会話なのにも関わらず、オリジナルの教材が取り入れられています。

独自で作られた教材を使って英語の学習を行い、生徒は自分のペースでスキルアップを目指せるというわけです。

初心者の方は英語だけでフリートークを行うのは難しいですし、初歩的な文法事項から身に付けなければならないので、テキストを使ったレッスンを中心的に受けた方が良いかもしれません。

それに、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のオリジナル教材はレベル別で5種類に分かれており、個人の英語力に合わせて授業で使用するテキストを変えることができます。

そこで、このページでは、NativeCamp(ネイティブキャンプ)で採用されているオリジナル教材の概要をご説明しているので、レッスンを受ける前に確認しておいてください。

E – 実践編・日常会話:日常会話で使えるフレーズを学ぶ
・朝に使われる表現
・友人との会話表現
・SNSに関する会話表現

A – 入門クラス:基本的な単語や文法を身に付けていく
・挨拶をする
・出身について話す
・値段がいくらかを聞く
・何を持っているかについて聞く

B – 初級クラス:しっかりと伝わる基礎英語を身に付けていく
・行動の頻度
・現在形の復習
・序数と単位
・知覚動詞

C – 中級クラス:幅広く英語で自己表現を行っていく
・自身の経験
・現在完了の復習
・条件や必須要件を表現
・行動を強調する

D – 中上級クラス:ネイティブに近いコミュニケーションを図っていく
・Gas Station
・Health checkup
・Spontaneous person
・Overloaded task

上記のように、NativeCamp(ネイティブキャンプ)の教材は5段階に分けられており、その中で更に細かいトピックで構成されています。

このページで記載しているトピックは僅かで、「E – 実践編・日常会話」は10レッスン、「A – 入門クラス」は18レッスン、「B – 初級クラス」は70レッスン、「C – 中級クラス」は65レッスン、「D – 中上級クラス」は15レッスンと非常に豊富です。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の独自教材を全てクリアする頃には、相当高い英語力を手に入れられるのではないでしょうか。

スカイプ不要のオンライン英会話と珍しいシステムを採用しており、通常月額5,950円のところ6月末まで無料のキャンペーンが取り入れられているので、早めにNativeCamp(ネイティブキャンプ)へと入会してみてください。
 

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました