NativeCamp(ネイティブキャンプ)で実施されているフォニックス学習

NativeCamp(ネイティブキャンプ)で実施されているフォニックス学習の効果

英語の発音

オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)では、フォニックス学習が実施されています。

元々は子供向けの英語学習法として開発されましたが、NativeCamp(ネイティブキャンプ)では大人でも受講可能ですよ。

フォニックスとは、簡単に説明すると英語の「スペリング(つづり)」と「発音」の法則を学ぶ学習法を指しています。

英語の文字と聞き、「26文字のアルファベットが全てだよね?」と考えている方はいませんか?

確かにアルファベットの数は「ABC(エー・ビー・スィー)」と26文字ですが、英語を構成している音は全部で42音あります。

アルファベットの26文字の組み合わせで42音全てを表現したものがフォニックスと考えると、非常にわかりやすいのではないでしょうか。

以下では、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のフォニックス学習を継続することにより、どのような効果が期待できるのかまとめてみました。

  • ローマ字読みやカタカナ英語ではなく、本場のキレイな発音が身につく
  • 英語特有の発音を理解して聞き取れる英語耳を手に入れることができる
  • リスニング力がアップしてスムーズにコミュニケーションが取れる
  • わからない単語でも正しい綴りおよび意味の推測ができるようになる
  • 聞いたことのない英単語でも書けるようになる(ライティング力がアップする)

発音矯正を中心に、英語力のアップとしてフォニックス学習は効果的ですね。

今までは、子供専用のオンライン英会話でフォニックストレーニングが採用されていました。

※フォニックスが学べる代表的なオンライン英会話スクールはこれだ!

  • 学研グループのオンライン英会話の「Kimini英会話」
  • 独自のカリキュラムで学習できる「ハッチリンクジュニア」
  • フォニックス基礎学習セットが用意された「Sレッスン」
  • 豊富な教材で英語を学べる「キッズスターイングリッシュ」

しかし、社会人でもシニアでも英語を学習できるNativeCamp(ネイティブキャンプ)でも、新たにフォニックス学習が取り入れられています。

リスニング力のアップや発音矯正を目指している方は、NativeCamp(ネイティブキャンプ)でレッスンを受けてみてください。

 

check-s011

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の詳細はこちら

 

フォニックス学習は2種類にわけられる!

フォニックス

オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)に限った話ではないものの、英語の発音と綴りに焦点を当てたフォニックス学習は、次の2種類に大きくわけられます。

  • より英語の音にフォーカスした「シンセティック・フォニックス」
  • 音と文字の関係性を分析する「アナリティック・フォニックス」

ある程度の基礎が出来上がっているのであれば、アナリティック・フォニックスを学ぶのが良いでしょう。

しかし、音声の習得と合わせてフォニックス学習をしたい方には、シンセティック・フォニックスがおすすめです。

もちろん、NativeCamp(ネイティブキャンプ)でもシンセティック・フォニックスを中心に英語を学習できます。

「ph=フ」「ar=アー」「ma=マ」「ceu=スィウー」「ti=ティ」「cal=カル」といった英語の発音がしっかりとできるようになりますので、発音に自信がない人は一度取り組んでみましょう。

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)でフォニックス学習をするにはどうすれば良い?

どうすればNativeCamp(ネイティブキャンプ)でフォニックス学習ができるのか、疑問を抱えている方はいませんか?

これはとても簡単で、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のレッスンで使うテキストをLet’s Goに選択すればOKです。

Let’s Goは子供用の英語教材ですが、大人でも使うことはできますよ。

以下では、他のテキストとは違うLet’s Goの強みや魅力をまとめてみました。

  • 「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」の4技能を全て学べる
  • カラーのイラストの採用で見やすい英語教材にできあがっている
  • 歌の中には単語が何度もリピートされるため、手軽に読み書きの学習ができる
  • ジェスチャーとリズムで英語を効率良く覚えることができる

ジェスチャーとリズムを使って学ぶと聞き、「恥ずかしい・・・」「ガキじゃないんだから」と考える方はいます。

その気持ちはわかりますが、ただ講師とフリートークのレッスンを受けるよりも、子供用の教材のLet’s Goを使った方が飲み込みは圧倒的に早くなるのです。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)ではフォニックス学習専用のLet’s Go Phonicsも用意されていますので、副教材として併用してみてください。

 

英語のフォニックス学習に取り組む上での注意点

注意点

英語の発音の規則性を学べるフォニックス学習には、特にデメリットがありません。

子供でも大人にも効果的な学習法ですが、音の出し方や口の格好の細かい説明がされないのが注意点です。

そのため、オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)でレッスンを受ける時は、担当の先生に舌の位置を確認してもらいましょう。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の講師は全員がWebカメラを使ってくれますので、舌の位置や発声方法を確認しながらのレッスンが受けられます。

ある程度の基礎が備わってきた後は、「couch⇒c ou ch,」「thorn⇒th or n,」「payment⇒p ay m e n t,」と、語をシラブルと呼ばれる音節にわけて読むセグメンテーションに取り組んでみましょう。

とても地道なレッスンになりますが、カタカナ英語を卒業してキレイな発音を手に入れる上で欠かせない学習法です。

タイトルとURLをコピーしました