NativeCamp(ネイティブキャンプ)で生じやすいトラブルと対処法!アプリの不具合報告をしよう!

NativeCamp(ネイティブキャンプ)で生じやすいトラブルと対処法をまとめてみた

トラブル

オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)を受講していると、レッスン中にトラブルが引き起こされることがあります。

これはインターネットを使って外国人講師とレッスンを受ける形になりますので、ある程度は仕方がありません。

このページでは、NativeCamp(ネイティブキャンプ)で生じやすいトラブルと正しい対処法について詳しく説明していきます。

 

インターネット回線が悪い

オンライン英会話を受講していて、「完全に繋がらない」というケースはほとんどありません。

この点に関しては、NativeCamp(ネイティブキャンプ)も一緒ですね。

しかし、インターネット回線が悪い影響で、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のレッスンで次のトラブルが生じることはあります。

  • 映像が止まって動かない
  • 先生の声のトーンがおかしい
  • 音声が途切れてしまう
  • 雑音が混じって聞き取りにくい

音声に乱れが出るのは、インターネット回線が混み合っているのが原因です。

もしNativeCamp(ネイティブキャンプ)のレッスン中に音声トラブルが起きた時は、担当の講師に下記のようにチャットボックスで伝えましょう。

  • 今日の接続は良くありません。(The connection is not good today.)
  • 私はあなたの声が聞こえません。(I can’t hear you.)
  • 接続に問題があります。(Something is wrong with the connection.)

スクールや講師側に何かしらの問題がある場合は、すぐに対処してくれますので安心してください。

 

レッスンを受講できない

推奨ブラウザ

NativeCamp(ネイティブキャンプ)でレッスン自体を受講できないのは、推奨ブラウザではないからです。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の推奨ブラウザは、GoogleChromeとFirefoxの2つになっています。

レッスンを受講する前に、GoogleChromeとFirefoxをインストールしないといけません。

初めてレッスンを受ける方は意外と間違いやすいのですが、NativeCamp(ネイティブキャンプ)は「Internet Explore」「Microsoft Edge」「Safari」には対応していないですよ。

スマホやタブレットなどのモバイル端末でNativeCamp(ネイティブキャンプ)を受講する時は、専用のアプリを使いましょう。

 

テキストチャットの送受信ができない

テキストチャット

オンライン英会話のレッスンでは、テキストチャットが非常に役立ちます。

講師に聞き取れなかった英文を伺ったり何か要望を伝えたかったりする際に、チャットボックスでのコミュニケーションはピッタリです。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)でテキストチャットの送受信ができない時は、次の2つを確認してみましょう。

  • 最新バージョンの推奨ブラウザにアップデートする
  • JavaScriptを有効にする(無効だと多くの機能が正常に動作しない)

レッスン前にこの2つを確認しておけば、「担当の講師にテキストチャットを送信できない・・・」というトラブルを予防できます。

 

マイクが使えない

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のレッスンを受けるに当たり、ヘッドセットやマイク付きイヤホンは欠かせません。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のレッスンがスタートし、マイクが使えないというトラブルが引き起こされた方は、次の2つをチェックしてみてください。

  • 自分が使っているパソコンにマイクが接続されているのか確認する
  • nativecamp.netへマイクのアクセス許可設定を行う

ヘッドセットやマイク付きイヤホン自体を持っていない方は、家電量販店やネットショップで購入しましょう。

 

講師がレッスンの時間を間違えている

オンライン英会話の講師も人間ですので、遅刻したりレッスン時間を間違えたりすることはあります。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の口コミを見てみると、「コインを使って予約したけど講師がレッスンの時間になっても現れなかった」という意見がありました。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の講師と連絡がつかない時は、ネイティブキャンプ会員様サポートセンターに連絡すべきです。

コインを消費してレッスンを予約した生徒には返却してくれますので、私たちが損をすることはありません。

しかし、毎回のようにこのようなトラブルが引き起こされるのはウザったいので、NativeCamp(ネイティブキャンプ)でスムーズにレッスンを受講したい時は次の予防策を取りましょう。

  • 自宅ではなくオフィスからレッスンを配信している講師を選ぶ
  • 他の受講生から高評価を獲得している人気講師を予約する
  • 予約コインを使わずに今すぐにレッスンを受講する

在宅講師よりも、オフィス勤務の講師の方がトラブルのリスクが低いですよ。

 

自分の映像が講師側に映らない

Webカメラ

NativeCamp(ネイティブキャンプ)では、Webカメラを使ってレッスンを受講できます。

自分の映像が講師側に映らない時は、次の対処をしてみましょう。

  • お使いのWebカメラが内蔵されているか確認する
  • nativecamp.netへカメラのアクセス許可設定をする
  • 使用するカメラが正しく選択されているか確認する
  • カメラドライバー(イメージングデバイス)を更新する

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のレッスン前にWebカメラの確認をしておくのが理想です。

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のアプリでトラブルが起きた時は不具合報告をしよう

スマホ

NativeCamp(ネイティブキャンプ)では、iPhoneアプリやAndroidアプリでレッスンを受けられます。

スマホで好きなタイミングでレッスンを受けられるのは便利ですが、パソコンと比べると不具合が生じやすいのがデメリットです。

そこで、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のアプリで何かしらのトラブルが引き起こされた時は、運営側に不具合報告をしましょう。

Androidアプリで不具合を確認した後に、1件目の方にはお礼として100コインがプレゼントされます。

ただし、既に報告済みの不具合は公式サイトのトピック一覧に掲載されていますので、予約コインプレゼントの対象にはなりません。

 

まとめ

以上のように、NativeCamp(ネイティブキャンプ)で引き起こされやすいトラブルと、すぐに実践すべき対処法についてまとめました。

「本当にスムーズに英会話ができるの?」と不安を抱えている方はいますが、NativeCamp(ネイティブキャンプ)はサポートの整っているスクールですので安心してください。

 

check-s011

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました