オンライン英会話のレッスンを受けて落ち込む人の特徴と対処法

オンライン英会話のレッスンを受けて落ち込む人の特徴をチェック!

オンライン英会話のレッスンを受けて落ち込む人の特徴をチェック!

近年では英語を学習する方法として、通学型の英会話教室や参考書を使った独学ではなく、オンライン英会話を受講する方が増えました。

  • 英語力を身につけてビジネスでプレゼンができるようになりたい
  • 海外旅行へと出掛けた際に現地の人とコミュニケーションを取りたい
  • 語学留学の前に少しでも英語力をアップしておきたい
  • 就職で有利に進められるようにTOEICのスコアを上げたい

上記のように個人によって英語学習の目標は様々ですが、気軽にレッスンを受けられるオンライン英会話で実力アップに繋がるのは同じですね。

しかし、誰しもがスムーズに英語を話せるようになるわけではなく、効果や変化がなくて落ち込む人は少なくありません。

実際にオンライン英会話のレッスンを受けた生徒の口コミを見てみると、以下のような意見が幾つかありました。

  • 英語ニュースを聞いてみても全く理解できるようになりません
  • 英語力が上がっている気がしなくて落ち込んでいます
  • 中々英語の勉強に対してモチベーションが上がりません
  • 月に20回ほど受講しているのに変化がなくて落ち込み気味です

誰かに強制的にやらされているわけではなく自分でお金を支払ってレッスンを受けるのがオンライン英会話で、金銭的に負担をしているのに成長できないのはショックですよね。

そこで、どのような人がオンライン英会話のレッスンを受けて落ち込むのか幾つかの特徴を見ていきましょう。

  • 「1ヵ月に2回」「1週間に1回」などレッスンを受ける回数が少なすぎる
  • 自分から講師に向かって積極的に英語を話す姿勢が見られない
  • ゴニョゴニョと小さな声で話している(Come again?やWhat did you say?と相手に聞き返されやすい人は声が小さいのが原因)
  • 短い期間でペラペラの状態になれると勘違いしている
  • 自分の英語レベルに合った教材やテキストを使っていない

レッスンの受講回数が少ない人やレッスンの受け方が間違っている人ほど、英語が上達しないと落ち込んで挫折しやすいのです。

 

オンライン英会話を受けて落ち込む時の正しい対処法は?

以下では、オンライン英会話のレッスンを受けて落ち込む時の正しい対処法をまとめてみました。

やる気やモチベーションが上がらないと英語の学習を継続させるのは難しいため、何をすれば良いのかきちんとチェックしておきましょう。

 

効果が出るまでの期間は長いと心得ておく

オンライン英会話スクールへと入会してレッスンを受けるに当たり、効果が出るまでの期間は長いと心得ておくのは大事です。

  • 数週間である程度英語を理解できるようになる
  • オンライン英会話は短期間で実力がアップする

このように間違った考え方をしていると、思うような変化が得られなくて落ち込んでしまいます。

英語の学習を始めたビギナーの方は、500時間を目安に勉強計画を立てなければならないと考えられています。

つまり、英語力は短期間で何とかなるものではないので、焦らずに英語を毎日の生活の中に取り入れる工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

レッスンの中で言えなかったことを逃さないようにする

会話の中で英語を話そうとして、「言えないことにぶち当たる」⇒「日本語が浮かぶ」⇒「英語に訳そうとしてみるも思い浮かばない」という初心者は少なくありません。

話せない時間が長くなりすぎると落ち込みやすいため、レッスンの中で言えなかったことを逃さないようにするのが効果的な対処法です。

具体的に何をすれば良いのか目安を幾つか挙げてみました。

  • オンライン英会話のレッスン中に恥ずかしがらずに講師へと聞く
  • 言えなかった英単語やフレーズをノートにメモする
  • 分からないことは直ぐに英語辞書で調べる

英語を学習する意欲が高ければ高いほど、少しずつスキルアップしていくことができますよ。

 

無理をせずに休みながらレッスンを受ける

あまりにも張り切りすぎていると後が持たず、「疲れた」「だるい」と英語学習への意欲がなくなりやすいので気をつけなければなりません。

そのため、やる気やモチベーションを保つには無理をせずに休みながらレッスンを受けるのが大事なのです。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)では1ヶ月間に5,950円の料金を支払えば、何回でも自由に受講できます。

1日に1回でも2回でも自分のライフスタイルに合わせて決められますので、まずはNativeCamp(ネイティブキャンプ)で無料体験を受けてみてください。

 

check-s011

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました