フィリピン人が在籍しているオンライン英会話

philippine

ほとんどのオンライン英会話では講師としてフィリピン人が採用されており、それはネイティブ講師や日本人講師と比較して人件費が安いからです。

通学型の英会話スクールの場合、ネイティブや日本人を講師として雇っているだけではなく、テナント料の高い駅前のオフィスを借りていることが多いため、1レッスン当たりの料金が非常に高くなります。

スクールによって大きな違いが生じているものの、1レッスン当たり5,000円を超えるケースも決して少なくありません。

その点、オンライン英会話はインターネット上でレッスンを受けるためテナント料はかかりませんし、フィリピン人の講師が多いため格安の料金設定となっているのです。

「実際のところ、フィリピン人が在籍しているオンライン英会話ってどうなの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、「フィリピン人が話す英語は訛りがある」「フィリピン人講師は質が低い」という噂が飛び交っているのは事実です。

しかし、フィリピンはアジアでは数少ない英語を公用語と定めている国で、多くの人が幼い頃から英語を勉強しています。

私たち日本人よりも遥かに英語力は高いですし、フィリピン人に教えてもらうに当たって何も問題はないのです。

フィリピン人講師が在籍している代表的なオンライン英会話はレアジョブで、このスクールでは3,800人を超える講師が生徒にレッスンを提供しています。

中には経験不足の講師もいらっしゃるものの、採用に気を配っているオンライン英会話なので、実際にレアジョブでレッスンを体験してみてください。
 

check-s011

レアジョブの詳細はこちら

 
さて、現在ではフィリピン人の英語力の高さが評価され、アメリカのコールセンターで積極的にフィリピン人を採用しています。

オンライン英会話でも同じようにフィリピン人講師が在籍しているスクールが多く、今後も増えていくのではないでしょうか。

どうしても発音の綺麗なネイティブに教わりたいのであれば、アメリカ人やイギリス人が在籍しているオンライン英会話を選ぶか、通学型の英会話スクールに通う必要があります。

しかし、多少の訛りがあったとしても、今後は更にグローバル化が進み、様々な国の人が英語を話すようになるはずです。

つまり、ネイティブの綺麗な英語だけではなく、訛りのある英語でも色んな国籍の人とコミュニケーションを取れるように学習を続けなければなりません。

その学習方法に最も適しているのがオンライン英会話で、上記でご紹介したレアジョブではなく、色々な国籍の講師が集まるスクールに入会するのは一つの選択肢です。

レアジョブの次に人気を得ているDMM英会話では、フィリピン人だけではなく、世界各国の60を超える国の講師が在籍しているので、是非一度入会してみてください。
 

>>> DMM英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました