オンライン英会話とフォニックス

オンライン英会話の中には、フォニックス (Phonics)トレーニングを取り入れているスクールがあります。

フォニックスとは英語圏でキッズに英語を教える際に広く活用されている教育法で、英語のつづりや発音の関係性を学ぶことで初めて目にした英単語でも正しく話せるようになるのです。

英語の発音と綴りの規則性とルールを学ぶのがこのフォニックスで、キッズ専用のオンライン英会話では取り入れられているケースが非常に多くなっています。

全ての単語を読めるようになるわけではありませんが、フォニックストレーニングで約75%の英語を読めるようになるのです。

子供に英語を習わせる場合、上手く読めなかったり発音できなかったりすると、直ぐに学習が嫌になってしまうかもしれません。

子供に限らず大人にも言えることですが、英語の学習は長期間に渡って続くことが想定されるため、理解力を深められるような学習で効率良く行った方が良いのです。

フォニックス (Phonics)トレーニングの代表的なルールは以下のようになっています。

・母音が2つ続く際は1つ目をアルファベット読みして2つ目は発音しない
・同じ子音が2つ続く時は最後の子音を発音しない
・「w」が「or」の前に付いている時は「er」と発音する
・「g」が「e」「i」の前にくると「j」のようにソフトに発音する
・「n」の前にある「k」は発音しない
・単語の語尾にあるサイレントeは母音をアルファベット読みで発音する

上記のように、フォニックス (Phonics)トレーニングによる学習は幾つものルールで構成されており、英語圏のスクールでも1年間をかけてじっくりと学んでいきます。

このような学習をオンライン英会話で受けられるので、子供の英語力をアップさせる方法として最適だということがお分かり頂けるはずです。

一口にフォニックスと言っても、アメリカで中心的に学ばれているアナリティックフォニックス(Analytic phonics)と、イギリスを中心的に学ばれているシンセティックフォニックス(Synthetic phonics)の2種類があります。

オンライン英会話によって異なるので一概には説明できないものの、よりリーディングに重点を置いているのがシンセティックフォニックス(Synthetic phonics)なので、このトレーニングを取り入れたスクールがおすすめです。

もちろん、子供が楽しく英語を学べるような環境を作ってあげることが最も大事なので、在籍している講師の質や他のテキストなども参照して入会するオンライン英会話を選ぶようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました