QQ Englishの食事

QQ Englishへと留学するに当たり、「フィリピンの食事は日本人の舌に合うのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、私たち人間はどこに住んでいても食事をとらなければ生きていくことができませんし、これは日本でもフィリピンでも一緒です。

QQ Englishの留学先での食事は、フロントの横に位置しているカフェ兼休憩スペースでビュッフェ形式になっています。

ビュッフェ形式はバイキングとは異なり、主食1品とおかず3品を選ぶ方式で、食べ放題ではないので注意しなければなりません。

実際にQQ Englishへと留学した生徒の話を聞いていると、「想像していた以上に美味しかった」と回答している方が多く、毎月4,000円か1回当たり150円で朝中夜食べることができます。

欧米とは違ってフィリピンは物価が安く、とんでもない価格で食事できるからこそ英語の勉強のために留学する生徒が増えているのではないでしょうか。

モール内のレストランの食事と比べると、QQ Englishの留学先の食事は劣りますし、日本人の舌に合わない品もあるので過度に期待しない方が良いです。

それでも、「不味くて食べられない」というわけではありませんし、QQ Englishでは留学費用が非常に安めに設定されているので、お金のない学生でも利用できます。

QQ Englishの公式サイトでは、留学サービスについて詳しく記載されているので、オンライン英会話ではなく現地で英語を学びたいという方はチェックしてみてください。
 

 
さて、他のオンライン英会話スクールの留学先と比較してみると、QQ Englishのスクールでの食事は実に多種多様となっています。

ご飯やパン、パスタや魚類、フルーツや野菜など栄養素のバランスに気を配っており、ビュッフェ形式なので苦手なものは避けられるのです。

3ヶ月以上の長期滞在の生徒や食事に拘りたいという方にとっては苦痛かもしれませんが、フィリピン料理全開というわけではなく、多少は留学生の舌に合うように作られています。

また、QQ Englishの留学先でのスクールは食事が充実しているだけではなく、ウォーターフロントのジムとプールを利用できるのです。

マンツーマンレッスンで英語を学習しながら、身体を鍛えてリフレッシュできるため、楽しく留学生活を送れることは間違いありません。

短期留学でも長期留学でも、自分の好きな期間に渡って滞在できるので、時間に余裕のある学生さんはフィリピンのセブ留学を考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました