レアジョブとチャットボックス

レアジョブはスカイプを使用してレッスンが行われているため、チャットボックスの使用が可能です。

会話で上手く英語を表現できない時や、先生の話した英単語が分からない時にチャットボックスは重宝します。

チャットボックスでは文字を用いてコミュニケーションを取れますし、ライティング対策の際も活用できるはずです。

レアジョブでフリートークを行う際も、先生の話した語彙が分からない時があるので、チャットボックスを使って単語を送信してもらうのがベストかもしれません。

また、スカイプのチャット履歴は、起動してから該当の会話をクリックすることで閲覧できるため、レッスンが終わった後の復習としても役立ちます。

ただし、スカイプの設定によってはチャットの内容が消去されるかもしれないので、「上部のツール」⇒「設定」⇒「チャット&SMS」⇒「履歴保持期限」⇒「削除するまで保存」という設定で会話の内容を保存するべきです。

チャットボックスの使用方法がイマイチ分からないという方は、以下のように活用してみましょう。

・今の単語を聞き取れなかったのでチャットボックスで送ってもらえますか?⇒「I can’t hear what you said.Please type them down in the chatbox.」

・レッスンが始まる前の自己紹介をスキップしてもらえますか?⇒「I would like to skip the self‐introduction.」

・英文の添削をお願いします。⇒「I would like to have a correction for my English text.」

・繰り返し発声してもらえますか?⇒「Will you utter repeatedly?」

・正しい発音の仕方を教えてください。⇒「Please tell me the way of right pronunciation.」

レッスンが始まる前にスカイプでチャットを送っておけば、講師は自分の希望通りのレッスンを提供してくれるはずです。

生徒の方から希望しなければ、レアジョブでは基本的にフリートークが行われます。

講師と自由に会話ができるフリートークは楽しいものの、学習したい英語の内容が決まっているのであれば、事前にその旨を伝えておいた方が良いはずです。

もし、チャットメッセージを相手に送信できないのであれば、「スカイプのツール」⇒「設定」⇒「プライバシー設定」⇒「チャットを許可」という流れで設定を保存してください。

プライバシー設定に問題がないのならば、スカイプの右下のインジケータを確認し、黄色か赤になっている際は「コンピュータ」という欄をクリックして設定を確かめてみるべきです。

レアジョブの公式サイトでも、レッスンを効率良く進めるためのチャットボックスの使い方について説明されているので、一度参照してみましょう。
 

check-s011

レアジョブの詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました