レアジョブでの通信障害

レアジョブに限った話ではなく、オンライン英会話はインターネット回線を利用して実施されるレッスンということで、稀に通信障害が引き起こされる可能性があります。

「講師の声が聞こえない」「自分の声が先生に届いていない」といった通信障害が生じることがあり、フィリピンが日本とは違ってインフラが整っていないのが大きな原因です。

レアジョブが開校された当初とは違って大分インターネット回線は安定してきたものの、それでもレッスンが受講できないケースはあります。

しかし、レアジョブでは振替レッスンが採用されているので、生徒が損をすることはありません。

通信障害でレッスンが5分間以上遅延したり、スクール側の都合でレッスンが受けられなかった際は、事務局から振替レッスンを貰うことができます。

中止になったレッスンとは別の日や時間帯に代わりの授業を受けられるため、通信障害が生じても特に問題はないというわけです。

毎日25分プランであれば1回のレッスン、毎日50分プランであれば2回のレッスンを受けた後に、通常のレッスンを予約する方法と同じように振替レッスンを使用できます。

特に有効期限は設定されておりませんし、レアジョブを退会したり休会したりするまで利用できるので安心です。

もちろん、通信障害がなるべく引き起こされないように、快適なレッスンを生徒に届けられるように努力しているスクールなので、まずは無料体験でレッスンの質を確かめてみてください。
 

check-s011

レアジョブの詳細はこちら

 
さて、オンライン英会話を利用してレッスンを受けている最中に、音質が悪くなった場合は通信障害ではなく、使用している機器や設定に問題がある可能性があります。

例えば、スカイプの音声設定がミュートになっていたり、ヘッドセットが壊れていたりというケースが考えられ、自分に原因がないかどうか確かめてみるべきです。

WindowsデスクトップにしてもMacにしても、スカイプの設定が間違っていると通話の質が悪化しやすいので、スカイプの公式サイトでどこかに問題がないかどうか探してみましょう。

レアジョブで毎回のように通信障害が引き起こされるとは考えにくいですし、多くの生徒が快適にレッスンを受けられていなかったらもっと大きな問題になっているはずです。

どうしてもレッスンの音質が悪かったり、スムーズに英会話の授業を受けられないようであれば、レアジョブのカスタマーサポートに問い合わせてみてください。

タイトルとURLをコピーしました