産経オンライン英会話のカリキュラム

産経オンライン英会話では複数のカリキュラムが取り入れられており、個人のレベルや要望に合わせたレッスンを受けられるのです。

「英語学習で困ることは?」というアンケートを実施したところ、「学習効果が実感しにくい」という答えが約半分を占めました。

この問題を解消するには明確にカリキュラムを設定する必要があり、産経オンライン英会話であれば体系的なカリキュラムであなたの英語学習プランをサポートしてくれるのです。

学習プランが最初に決まっていれば、モチベーションの維持にも自然と繋がるのではないでしょうか。

英語学習で困ることの第2位は「学習時間の捻出が難しい」という結果でしたが、早朝の5時から深夜の1時まで開講している産経オンライン英会話であれば問題はないはずです。

そこで、産経オンライン英会話ではどのようなカリキュラムが取り入れられているのか、このページでは詳しく説明しているので一度参照してみてください。

 

・日常英会話

産経オンライン英会話のオリジナルカリキュラムの一つが日常英会話で、定期的な挨拶を行う初級から、興味のある分野や時事問題について学んでいく中上級など、4段階のレベルで分かれています。

全てのレベルは計100レッスンで構成されており、一歩ずつステップアップできるというわけです。

日常英会話の中上級をクリアした段階では、英検の準1級程度に当たるので、高い英語力が備わっていることは間違いありません。

 

・ビジネス英会話

産経オンライン英会話では、ビジネスシーンで使われる英語を学ぶビジネス英会話のカリキュラムも取り入れられています。

こちらのカリキュラムも個人のレベルに合わせて4段階に分けられているので、初めてビジネス英語に触れる生徒でも学習を始められるはずです。

交渉やプレゼンテーションなど、オフィスでのシチュエーションを英語で表現できるようになりますし、最終的にはビジネスに関する話題で講師とディスカッションを行っていきます。

 

・職業別英会話

外国人観光客と多く接する機会のある仕事に就いている生徒のために、このスクールでは職業別英会話のレッスンを受けられます。

「小売店」や「レストラン」、「タクシー」や「郵便局」といった職業別の英語を学べるというわけです。

どのような英語について学んでいくのか、公式サイトでダウンロードできる教材をチェックしてみてください。

 

・TOEIC対策

資格試験のTOEICのスコアを上げるためのカリキュラムがTOEIC対策で、市販教材を使ってレッスンを受けていきます。

上記の3つのカリキュラムではオリジナルテキストが用意されているものの、TOEIC対策の場合は産経オンライン英会話で推奨されている教材を購入しなければなりません。
 

>>> 産経オンライン英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました