産経オンライン英会話の講師

楽しく英語の学習を行っていくには講師の質が大事だと産経オンライン英会話では考えており、他のスクールと比較して講師の採用には細心の注意を払っています。

レッスン実施経験が豊富な講師が産経オンライン英会話には集められており、尚且つ安定した通信環境で私たちは英語の学習ができるというわけです。

採用の際には厳しいチェックが実施されており、産経オンライン英会話の講師としてレッスンを提供することになった後も、定期的にトレーニングを行っています。

1対1のマンツーマンでレッスンが実施されるからこそ、産経オンライン英会話は講師の質に気を配っているのではないでしょうか。

そこで、どのような流れで産経オンライン英会話の講師が誕生するのか、このページでは詳しく記載しているので一度確認してみてください。

 

①書類選考

学歴や職歴、英語力などを総合的にチェックし、トータルで日本人に英語を教えられるのかどうかを判断する。

②一次面接・ネイティブチェック

英語の発音や表情、教え方などを評価する一次面接が実施され、英語力のネイティブスピーカーによるチェックも実施される。

③トレーニング

日本人の生徒に適切な英語の教え方やオリジナル教材の使い方を講師にレクチャーしていく。

④模擬レッスン

ここまで残った講師に模擬レッスンを実施し、トレーナーによる自己評価も同時に行う。

⑤ネイティブによるチェック

模擬レッスンの内容をネイティブがチェックし、指導要綱の理解度を測る。

⑥合否判定

 

上記のような流れで産経オンライン英会話の講師が誕生し、生徒に英語を教えられるようになるまでは長い道のりがあるというわけです。

この狭き門をクリアした講師のみしか、産経オンライン英会話で生徒に英語を教えることはできません。

そのため、このスクールに在籍しているフィリピン人であれば、誰とでも満足のいくレッスンを受けられるはずです。

それでも、初めて産経オンライン英会話でレッスンを受けるという生徒のために、公式サイトの講師一覧表ではそれぞれの先生のおすすめポイントが記載されています。

「常に笑顔で接してくれて親切な応対が魅力」「細かい間違いもレポートに残してくれる」など、その講師の特徴を明確にしてくれているのです。

「日本語で日常会話が可能」「GCAT対応可」といった項目で自分に合った先生を検索できるので、お気に入りの講師を探して実際にレッスンを受けてみてください。
 

>>> 産経オンライン英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました