産経オンライン英会話の教材・テキスト

産経オンライン英会話で採用されている教材やテキストの特徴をチェック!

産経オンライン英会話で採用されている教材やテキストの特徴をチェック!

産経オンライン英会話では好きな話題で自由に話すフリートークだけではなく、教材を使ったレッスンを受けることもできます。

しかも、そのほとんどがオリジナルテキストとなっており、産経オンライン英会話の公式サイトで無料でダウンロードできるのです。

レッスンを受ける前に教材をダウンロードしておき、実際の授業で使用するという流れになっています。

教材に一切の費用がかからないというのはありがたいことで、以下のように毎月のレッスン料金を支払うだけでOKです。

  • 月額5,980円の毎日25分プラン
  • 月額9,800円の毎日50分プラン
  • 月額5,980円の週末毎日50分プラン

どの教材やテキストも細かくトピックが分かれているため、初心者に分かりやすいのも魅力的なポイントなのではないでしょうか。

そこで、産経オンライン英会話でどのようなテキストが取り入れられているのかこのページでは詳しく説明していますので、オンライン英会話のフリートークに飽きてしまった人は是非一度参照してみてください。

 

日常英会話テキスト

定期的な挨拶や自己紹介、学校や旅行で使用する日常英会話の内容について記載されたテキストが産経オンライン英会話では採用されています。

しかも、「初級」「初中級」「中級」「中上級」と4段階のレベルで分かれており、それぞれのレベルのオリジナル教材が用意されているのです。

初級では主に「自分のことを話す」や「他人について話す」という内容、中上級では主に「文化的タブー」や「顧客サービスと苦情」といった内容を学んでいきます。

どのレベルのテキストも細かくトピックが分かれており、一つずつ進めていけば確かな英語力を手に入れられるでしょう。

  • 定型的な挨拶や自己紹介ができるようになりたい
  • 英語の初歩的な文法の知識を身につけたい
  • 短い単純なセンテンスやフレーズの引き出しを増やしたい
  • レッスンで使いたい教材の候補が特にない

こんな悩みを抱えている生徒に産経オンライン英会話の日常英会話テキストはおすすめですよ。

 

ビジネス英会話テキスト

産経オンライン英会話のオリジナルカリキュラムの一つがビジネス英会話で、こちらの教材も生徒のレベルによってランク分けがなされています。

「初級」「初中級」「中級」「中上級」という4つのレベルで構成されていて、それぞれ異なるオリジナル教材が用意されているのが大きな特徴です。

ビジネス英会話初級では自己紹介や簡単なやり取り、中上級では会議やプレゼンテーションといったシチュエーションに応じた英語のレッスンを受けていきます。

カリキュラムテキストの音声ファイルでリスニング力を高める学習も可能ですので、時間が空いている時の復習に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

TOEIC用のテキスト

産経オンライン英会話ではTOEIC対策用のテキストも用意されています。オリジナルテキストではなく市販教材なので、自費で購入しなければなりません。

それでも、複数の教材を使ってTOEICのスコアアップにチャレンジできますし、数千円というお手頃な価格で販売されているので購入する価値は大いにあるはずです。

良く出る文法のポイントが分かりやすく説明されている「とってもかんたんTOEIC (Beginner)」、ミニテストで理解度を確かめられる「Taking the TOEIC 2」といった市販教材を使っていきます。

700以上の問題を収録してある「TOEIC Analyst (Advanced)」も推奨されており、試験対策の最終仕上げとして活用してみてください。

 

check-s011

産経オンライン英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました