オンライン英会話と添削

「今よりもライティング力を上げたい」「英文メールをビジネスで頻繁に使用する」「作成したレジュメやカバーレターをチェックして欲しい」という生徒は、英文添削ができるオンライン英会話に入会するべきです。

オンライン英会話の中には、英文添削に焦点を当てたカリキュラムを取り入れているスクールがあります。

そのような添削サービスができるカリキュラムのスクールであれば、講師と一緒にライティング対策を行うことができるのです。

基本的に、オンライン英会話のレッスンは1対1で対話形式で実施されるため、リスニング力とスピーキング力を大きく伸ばせるのではないでしょうか。

しかし、英文添削のカリキュラムを選択すればこれらのスキルだけではなく、ライティング力やリーディング力も同時に伸ばせるのです。

TOEFLといった資格試験では「話す・書く・読む・聞く」という英語の4技能が必要となりますし、英文添削コースを受講して得られるものは多いかもしれません。

それに、カリキュラムがしっかりと定まっていれば、自分の目的に合わせた英語を学習できるので、満足のいくレッスンを受けやすいのです。

英文添削コースを取り入れている数少ないオンライン英会話がe英会話で、このスクールでは16個のカリキュラムから自由に選択できます。

英文添削コースでは、「Business Correspondence」や「True Stories in the News」といった市販テキストを使用し、ライティング力を大きく向上できるのです。

作文テーマを自分で用意して講師に添削してもらうこともできるので、一度e英会話の体験レッスンでこのカリキュラムを選択してみてください。
 

 
さて、上記でご紹介したe英会話のように、専門的なカリキュラムが用意されていなければ英文添削ができないわけではありません。

他のオンライン英会話のフリートークでも、事前に講師に伝えておけば英文添削を行ってくれます。

フリートークではただ講師と生徒で会話を続けるだけではなく、自由にレッスンの内容を変えられるというメリットがあるのです。

例えば、事前に英語で記載した作文やエッセイを用意しておき、そのファイルを講師に送ったり、スカイプのチャットボックスに記載して送信したりします。

その文章を講師が読み、間違った表現を訂正してくれれば、英文添削に繋がるというわけです。

もちろん、講師が英文添削をしている間は話せないかもしれませんが、オンライン英会話のフリートークでも使い方によってはライティング力を上げることはできます。

私たちはお金を払ってオンライン英会話のレッスンを受けているので、自分の思うがままに利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました