オンライン英会話でライティング対策はできるの?

オンライン英会話は講師と対話形式のレッスンを行う形となっており、マンツーマンの形式を取り入れているスクールであれば1対1で会話を行っていきます。

そのため、「リスニング力やスピーキング力は鍛えられてもライティング対策にはならない」と考えている生徒が多いかもしれません。

しかし、オンライン英会話のレッスンでライティング対策を行うのは十分に可能で、それはフリートークの授業内容は特に定められていないからです。

直訳すると、フリートークとは「雑談」「自由討論」という意味で、お笑いの世界では台本なしでトークしていくことを指します。

オンライン英会話では必ずしも台本無しで授業を受けなければならないという決まりはありませんし、会話を交わすだけではなく自分好みのレッスンを受けることも可能です。

例えば、自分で作った英作文や日記を講師に添削してもらうことも可能で、そうすれば十分過ぎるほどライティング対策となります。

オンライン英会話の多くはスカイプを活用しており、その際にチャットボックスを利用できるため、文章を訂正して送ってもらうことは十分に可能です。

また、英文添削を中心にライティング対策のレッスンを受けられるオンライン英会話に入会するのも選択肢の一つなのではないでしょうか。

当サイトでご紹介しているe英会話では、ライティング力をアップするための「英文添削コース」「英文法特訓コース」が用意されています。

ライティング力を上げるとともに、リスニング力やスピーキング力といったスキルの向上も目指せるので、一度e英会話で専用のカリキュラムを体験してみてください。
 

 
さて、上記でご紹介したe英会話だけではなく、ベストティーチャー(Best Teacher)でもライティング対策を兼ねたレッスンを受けられます。

ベストティーチャー(Best Teacher)では、自分が話したい英語をトークスクリプトにするWriting(ライティング)レッスンが取り入れられており、講師と生徒が交互にやり取りを行っていくのです。

800以上のシーンやトピックから選べるので飽きずにライティング対策ができますし、ビジネス英会話と日常英会話の両方から選択できるので初心者にも上級者にもおすすめかもしれません。

講師からの添削の際には、「動詞」「名詞」「スペル」「語順」など、生徒それぞれの弱点を分析してくれます。

添削内容の解説だけではなく、今後の学習アドバイスも受けられるので、英語力のアップを目指している生徒はベストティーチャー(Best Teacher)を受講してみてください。
 

>>> ベストティーチャー(Best Teacher)の詳細はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました