TOEFL対策におすすめのmytutor(マイチューター)

mytutor(マイチューター)でTOEFLの対策をしよう

mytutor(マイチューター)でTOEFLの対策をしよう

TOEFLとは「Test of English as a Foreign Language」の略称で、個人の英語能力を判定する世界規模の資格試験となっています。

リスニングやスピーキング、ライティングやリーディングといった全ての英語コミュニケーション能力を測るテストですので、独学でスコアアップを目指すのは少々難しいかもしれません。

  • 独学で勉強しているけれど中々スコアが上がらない
  • スコアアップのために何をすれば良いのか分からない

上記のように学習方法で躓いている方は多いため、mytutor(マイチューター)のように、TOEFL対策のカリキュラムを取り入れているオンライン英会話でレッスンを受けるのがベストですよ。

mytutor(マイチューター)のTOEFL iBT対策コースでは以下の複数のコースが用意されていて、個人の目的に合わせて選択する形となっています。

 

<TOEFLスピーキング>

TOEFLのスピーキングテストは会話やインタビュー形式ではなく、出題された質問に対して一定時間や受験者に与えられて、一方的に発言を行うレッスンです。

つまり、単純にスピーキング力だけではなく、相手の話を聞くリスニング力も同時に鍛えなければならず、対話形式で実施されるオンライン英会話のレッスンが効果的というわけです。

mytutor(マイチューター)では実際のTOEFLの出題形式に合わせて、「Question Type 1」から「Question Type 6」まで対応したレッスンが用意されています。

専門インストラクターの中から一緒に受講する講師を選択し、「類似問題形式 トレーニング」や「基礎練習 Basic Practice」で試験対策を行っていくのです。

 

<TOEFLリーディング>

mytutor(マイチューター)のTOEFLのリーディングテストでは、アメリカの大学教材で登場する文献を想定して作られています。

そのため、mytutor(マイチューター)では「Geography」や「Chemistry」など、ニュースや論文を使って語彙力や読解力を上げるトレーニングを実施していくのが特徴ですね。

アメリカの国営放送である「Voice of America」や「New York Times」といったWEB教材を使用し、担当の講師からトピックを受け取ります。

そして、生徒は次のレッスンが始まるまでに内容を予習し、講師とディスカッションを行ってリーディング力を鍛えていく流れです。

 

<TOEFLライティング>

TOEFLのライティングセクションでは、「総合ライティング問題」と「独立ライティング問題」の2種類が出題されますので、mytutor(マイチューター)ではそれぞれの解き方を学んでいきます。

基礎的なライティング対策を行う「Basic Lesson」と、上級者向けの「Advance Lesson」の2タイプに分かれていて、受講者のレベルに合わせて担当の講師が添削してくれるのです。

TOEFLライティングゼミを受講するためには、音声再生ソフトの「Adobe Flash Player」とテキストファイルの「Open Office Writer」が必要ですので、事前にインストールしておきましょう。

「TOEFLスピーキング」「TOEFLリーディング」「TOEFLライティング」を組み合わせれば効率良くスコアアップを目指すことができますので、今までに以上に英語力のアップを目指している方はオンライン英会話のmytutor(マイチューター)を受講してみてください。
 

check-s011

mytutor(マイチューター)の詳細はこちら

 

TOEFLでは4技能のスキルが必要!

リスニングとリーディングのスキルが重要となるTOEICと比較し、TOEFLのテストは「読む・書く・聞く・話す」の4技能のスキルが必要です。

どれか一つが欠けても高得点を取ることはできず、総合的に学べるオンライン英会話のmytutor(マイチューター)が良いのはお分かり頂けるでしょう。

厳選された講師と1対1のマンツーマンで受講できるのもmytutor(マイチューター)の魅力的なポイントです。

mytutor(マイチューター)だけではなく、他のオンライン英会話でもスクールによってはTOEFL対策専門のカリキュラムやコースが取り入れられていますよ。

以下のページではTOEFL対策にピッタリのオンライン英会話を紹介していますので、スクールの選び方の参考にしてみてください。

 

TOEFL対策ができるオンライン英会話はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました