hanasoの振替レッスン

オンライン英会話ではインターネット回線の不備などによって音声に乱れが生じ、レッスンが受けられなくなるケースがあります。

そのような場合に備えて、hanasoでは振替レッスンの制度が取り入れられており、別の日に受講できるのです。

回線不良や停電はフィリピンでは引き起こされやすく、講師側の事情によってレッスンが提供できないこともあり、そんな時に生徒が損をしないように振替レッスンを事務局は与えてくれます。

この振替レッスンを利用すれば、1日1回の料金プランに加入している方は2回、1日2回の料金プランに加入している方は3回のレッスンが受けられるのです。

その日は諸事情によって受講できなかったとしても、生徒が損をすることは絶対にありません。

hanasoではメールやスカイプによって振替レッスンを生徒へと提供する形となっており、通常の予約にプラスして振替レッスン分の授業を受けられます。

ただし、振替レッスンを貰う条件はhanaso側に何かしらの問題があって受講できなかった場合に限り、生徒の遅刻などでは対象外となるので注意が必要です。

それに、講師がレッスンに遅刻してしまったとしても、授業時間が5分以上遅れなければ振替レッスンは提供されない決まりとなっています。

hanasoの公式サイトの「ヘルプ」でも、振替レッスンに就いて詳しく記載されているので、事前に確認しておいてください。
 

>>> hanasoの詳細はこちら

 
さて、基本的にhanasoで振替レッスンを利用する場合は、最初に通常プランの予約を行い、その日の上限レッスンがなくなった後に使用する形となっています。

そうすることで、毎日25分間プランに加入している生徒は、1日最大1レッスンのところ、2レッスンまで受講できるのです。

また、当日のレッスンが終わって翌日のレッスンの予約を行い、明後日の予約を振替レッスンを使用して人気講師と受講するという使い方もできます。

hanasoに限らず、オンライン英会話では人気講師とレッスンを受けられない日々が続く可能性があるので、このような振替レッスンの使い方も良いかもしれません。

1回ごとに受講するレッスンチケットには購入日から90日間という有効期限が設定されているものの、振替レッスンの場合は特に定められていないので、個人の予定に合わせて吟味して使うのがベストなのではないでしょうか。

予約したレッスンがスクール側の都合で受講できなければ振替レッスンはどんどん貯まっていきますし、ログイン後の予約状況の下に表示されます。

ただし、退会や休会をした場合は、今までの振替レッスンは全て消滅するので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました