DMM英会話の振替レッスン

DMM英会話ではレッスンチケットが採用されており、他のオンライン英会話で言う振替レッスンに該当します。

DMM英会話も他のスクールと同じオンライン英会話ということで、インターネット回線の障害で生徒が思うようにレッスンを受けられないこともあるはずです。

停電や通信回線障害、講師側の都合でレッスンが受講できないという不測の事態に備えて、DMM英会話ではレッスンチケットを生徒に提供しています。

つまり、振替レッスンを貰って自由に予約して受講できるため、生徒側が損をすることは一切ないというわけです。

通常のレッスンと同じように振替レッスンも予約でき、1日に1回の料金プランに加入している方は2回、1日に2回の料金プランに加入している方は3回のレッスンがその日だけ受講できます。

通常のレッスンを消化して残りの消化回数が0になった後、レッスンチケットを用いて受講する形となり、自由に講師を選択できるというわけです。

もちろん、インターネットの回線不備や講師側の都合でレッスンが受けられなかった場合に限り、生徒の遅刻で受講できなかったとしてもレッスンチケットを貰うことはできません。

それに、レッスン時間が短くなったとしても、5分間未満だった場合は振替レッスンの対象とならない点も注意が必要となります。

レッスンチケットの詳しい規定に関しては、DMM英会話の公式サイトの「よくあるご質問」の欄にも記載されているので、事前にチェックしておいてください。
 

>>> DMM英会話の詳細はこちら

 
さて、DMM英会話のレッスンチケットは何かしらの理由でレッスン時間が5分間以上に渡って短くなった際に、事務局から渡される形となります。

「その日はもうレッスンを受けられない」と考えている方が多いかもしれませんが、決してそういうわけではありません。

5分間以上レッスンが遅れても、自分から講師にスカイプコールをして繋がった場合は、通常通りにレッスンを受けられます。

しかも、振替レッスンの権利はしっかりと獲得しているので、残りのレッスンの20分間と振替レッスンの25分間が受けられるので、非常にお得なのです。

DMM英会話でも、予約時間になっても講師から連絡がないというケースは意外と多いため、直ぐに自分から連絡するのではなく5分間が経ってから問い合わせてみるのがお得なのではないでしょうか。

「それはちょっとセコイ」と思う方は多いものの、これは生徒に与えられた権利ですし、レッスン時間が短くなっても5分間未満であれば振替レッスンをもらえないので、全く問題はないというわけです。

ただし、2015年の3月からレッスンチケットの有効期限が発行日から30日と設定され、振替レッスンをキャンセルした場合はチケットが消滅するようになりました。

レアジョブのように、「退会するまで振替レッスンを受けられる」というわけではないので、なるべく早めに予約を入れて受講してください。

タイトルとURLをコピーしました