DMM英会話のスピーキングテスト

DMM英会話では自分にどの程度のスピーキングスキルがあるのか確かめるために、スピーキングテストが実施されています。

他のオンライン英会話のレベルチェックのような授業をDMM英会話ではスピーキングテストとして、何回も受講できるというわけです。

スピーキングテストと言っても英語を話す点では特に変わりないですし、お好きな講師を予約して簡単な自己紹介をした後に、単語や文章を読んだり、質問に対して答えたりという授業を行っていきます。

20分間程度でレッスンの内容に応じて講師があなたのスピーキング力を判定してくれますし、これからどのような教材を使って英語の学習を進めていけば良いのか把握できるのです。

ただフリートークで英語を聞いたり話したりしていてもスキルアップに繋がるかもしれませんが、より能力を向上させたいと考えているのであれば、テキストは必要不可欠なのではないでしょうか。

そのテキストを把握するためにも、最初にDMM英会話でスピーキングテストを受けて自分の実力を確かめた方が良いのです。

スピーキングテストはTest1からTest4までが5点配点、Test5が10点配点となっており、合計30点で講師の方が評価してくれます。

それぞれのテストの内容は以下のようになっており、実際に受ける前にある程度把握しておいてください。

Test1:単語の発音や文章の発音テストで、講師が1分間をカウントする間に声に出して読んでいく
Test2:ある記事を音読して発音や流暢さを測るテストで、30秒間で黙読した後に3分間で声に出して読んでいく
Test3:Test2の記事が理解できたかを測るテストで、記事に関連する4つの質問に正しく答えていく
Test4:ある写真の説明を通して英語での説明能力や表現力を測っていく
Test5:とある社会現象や統計などを通して、自分の意見の表現力を測っていく

上記のようなスピーキングテストがDMM英会話では実施されており、スコアを出すとともにおすすめの教材やレッスン方法などを伝えてくれます。

「どのようにオンライン英会話で英語を学習すれば良いのか分からない」という生徒は、最初にスピーキングテストを受講した方が良いのです。

ある程度テストの内容は決まっているものの、講師によって多少は左右し、Test5では日本の出生率についてグラフを見せられ、「首相として改善するにはどうすれば良いのか?」という難しい話題が登場することもあります。

たとえ上手く英語で答えられないとしても、スピーキングテストと言うよりはレッスンの延長線上のようなものなので、あまり緊張せずにリラックスした方が良いかもしれません。

「スピーキングテストの結果があまりにも悪いとDMM英会話に入会できない」ということはありませんし、講師は初心者への対応もきちんと把握できているので安心して受講してみてください。
 

>>> DMM英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました