レアジョブと英検

「レアジョブで英検対策はできるの?」という疑問を抱えている生徒の方はいらっしゃいます。

レアジョブは英検対策専用のカリキュラムを取り入れているオンライン英会話ではありませんが、豊富なテキストを使って受講できるのが大きな強みです。

リスニング力やスピーキング力、リーディング力やライティング力といった4つの英語力を上げるレッスンを受けられます。

そのため、レアジョブで長期間に渡って英語の学習を行っていれば、必然的に英検のテストで合格できるだけの英語力を手に入れられるというわけです。

日本英語検定協会から提供されている英検は、TOEICのように○○○点とスコアで表示されるのではなく、合否で決まるという特徴があります。

1級:広く社会生活で求められる英語を十分に理解できている
準1級:社会生活で求められる英語を十分に理解できる
2級:社会生活に必要な英語を理解して使用できる
準2級:日常生活で使用する英語を理解して使用できる
3級:身近な英語を理解して実際に使用できる
4級:簡単な英語を理解して表現できる
5級:アルファベットといった初歩的な英語を理解できる

英検は上記のようにランクが設定されており、どのレベルでも4つの英語力が必要となります。

オンライン英会話のレッスンでは「読む」「聞く」「話す」「書く」という4つのスキルを上げられるので、専門的なカリキュラムがないレアジョブでも英検対策に繋がるという仕組みです。

実際にレッスンを受けて判断するのがベストなので、まずはレアジョブの無料体験に登録してみてください。
 

check-s011

レアジョブの詳細はこちら

 
さて、レアジョブで自分が英検に合格できるレベルに達しているかどうか知りたいのであれば、スピーキングテストを受講してみるのが良いかもしれません。

自分の英語力がどの程度伸びているのか測れる試験がスピーキングテストで、以前からレアジョブで受けられるようになりました。

スカイプを使った対話形式の試験で、20分から30分に渡る質問形式のレッスンにより、300点満点で判定されます。

その結果、レベル10であれば英検1級、レベル8~9であれば準1級、レベル6~7であれば2級、レベル4~5であれば準2級、レベル3で3級、レベル2で4級、レベル1で5級と目安が設定されているのです。

2,980円という料金を支払えばレアジョブのスピーキングテストが受けられますし、実際に英検のテストを受ける前に自分の実力を確かめてみるのが良いのではないでしょうか。

1回ごとの申し込みで何回でも受けられるので、今後の英語学習を円滑に進めるためにも一度利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました