ベストティーチャー(Best Teacher)は法人向けなの?

「社員に英語研修を行いたい」「社内の公用語を英語にしたい」という企業のために、ベストティーチャー(Best Teacher)では法人向けのサービスが取り入れられています。

法人向けのサービスや料金プランを取り入れているオンライン英会話が意外と多く、ベストティーチャー(Best Teacher)もそのスクールの一つというわけです。

それは恐らくグローバル化に伴い、社員に英語教育をさせたいと考えている企業が著しく増えているからではないでしょうか。

社員が忙しくて決められた場所や時間で実施される通学型の英会話スクールに、通い続けるのが難しいというケースは十分に考えられます。

それに加え、各社員の学習状況を把握するのは想像以上に難しく、費用対効果が不明確ということで悩んでいる企業は多いのです。

その点、ベストティーチャー(Best Teacher)であれば24時間いつでも自由に受けられるので忙しい社員さんでも続けられますし、レッスンのログが残るので担当者や経営者が社員の学習状況をきちんと管理できます。

スカイプを使ったオンライン英会話ということで、パソコンだけではなくスマートフォンを使った学習も可能なため、ベストティーチャー(Best Teacher)は個人だけではなく法人にも適したサービスというわけです。

法人向けのサービスを利用したいという方は、会社名や電話番号といった個人情報を入力してベストティーチャー(Best Teacher)に直接問い合わせてみてください。
 

>>> ベストティーチャー(Best Teacher)の詳細はこちら

 
さて、通学型の英会話スクールに社員を通わせるとなると、研修費用が高くなり、一部の選抜社員にしか受けさせられないはずです。

しかし、ベストティーチャー(Best Teacher)では社員一人当たりの月謝はリーズナブルなので、企業の全ての社員に英語学習の機会を与えられます。

法人契約の場合は個人契約よりも交渉で料金を下げることも可能で、ベストティーチャー(Best Teacher)を中心とするオンライン英会話は企業から好評なのです。

社員全体の英語力の底上げを行う「目的別プラン」、プレゼンや交渉などビジネスシーンに必要な英語を学ぶ「ビジネススキル別プラン」など、企業の要望に合わせたレッスンを社員に受けさせることも難しくありません。

新入社員や昇格候補者など、社員の階層ごとに必要なスキルを身に付けさせることもできるので、まずはベストティーチャー(Best Teacher)に無料の資料請求をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました