ベストティーチャー(Best Teacher)のインターン

ベストティーチャー(Best Teacher)ではオンライン英会話のレッスンだけではなく、インターンシップも取り入れられています。

「考えさせる英語教育を通じて日本の教育全体を変える」というビジョンを掲げており、オンライン英会話とインターンの両方を採用しているというわけです。

法人顧客や学校顧客へとサービスを展開しており、実際にベストティーチャー(Best Teacher)でインターンをした学生は20名以上いらっしゃいます。

インターン経験のある学生とない学生とを比較してみると、明らかに業務能力やコミュニケーション能力に違いがあるので、良い経験になることは間違いありません。

「教育」「英語」「Web」「イラスト」といった業務内容が好きなメンバーでスクールを運営しているので、そのような社風が自分に合いそうという方はベストティーチャー(Best Teacher)のインターンを経験してみるべきです。

企業で働く経験をすることで、社会から受ける情報の見方が大きく変わり、将来の就職活動に大いに役立てることができます。

就職難と言われている現代、少しでも他人と差を付けるためにも、大学生や専門学生の方は積極的にインターンシップを利用した方が良いのです。

「6ヶ月以上の勤務」「週3回以上の勤務」という条件があり、詳しいことはベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトで確認してみてください。
 

>>> ベストティーチャー(Best Teacher)の詳細はこちら

 
さて、ベストティーチャー(Best Teacher)に限った話ではありませんが、「学校に行かずにインターンの時間に費やしたい」「個人事業主として業務委託で働きたい」「英語力を大きく上げたい」という方に、このスクールのインターンは適しています。

海外のオフィスに勤務というわけではないので、気軽に応募して業務をこなしていくことができるはずです。

ベストティーチャー(Best Teacher)で実施される業務は以下のようになっています。

・英語を使った講師への研修
・カスタマーサポートやクロージングサポート
・オペレーションや企画
・イラストの作成
・学習のあり方を分析した後の改善
・学習理論の精緻化
・学校向け授業の企画運営

上記のような業務をインターン生は行い、資質や実績に合わせて幅広い経験を積むことができるのです。

それに、ベストティーチャー(Best Teacher)では4技能試験メディアを立ち上げ中ということで、「TOEFL iBTが72点以上」「英検が準1級以上」「IELTSが5.5以上」に該当する生徒ほど歓迎されます。

また、インターンを経験する前にオンライン英会話がどのようなサービスなのか知るために、ベストティーチャー(Best Teacher)の無料体験を受けてみるのが良いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました