ELTO(エルト)と医学英語

オンライン英会話のELTO(エルト)では医師や看護師など医療に従事する方のために、医学英語を専門的に学ぶカリキュラムが用意されています。

10年の医療英語教育のノウハウが全て凝縮されていますし、約1,900語の医療英単語が収録されたハリウッド動画を使用して楽しく学んでいくことができるのです。

恐らく、数多くのオンライン英会話の中でも、医学英語専門のカリキュラムを用意しているのはELTO(エルト)くらいなのではないでしょうか。

看護学生や海外医療ボランティアといった医療従事者も、これから英語力が必要になると考えられます。

特に、海外でボランティアを行うような方が日本語しか話せないのは支障が出ますし、様々な人とコミュニケーションをとるためにも医学英語のスキルが欠かせないのです。

ELTO(エルト)では初めて学ぶ方のために、「医学英語アカデミー 初級」「医学英語アカデミー 中級」「医学英語アカデミー 上級」という3つのカリキュラムで構成されています。

それぞれのレベルに合わせた英語を学習できますし、他のカリキュラムと同じように1ヶ月当たり7,000円という格安の料金でレッスンを受講できるというわけです。

動画教材を活用した事前学習システムに加え、マンツーマンレッスンを行った後の講師からのフィードバックシステムもELTO(エルト)の大きな特徴となっています。

講師からの適切なアドバイスを元に復習を行い、今よりも更に高い英語力を手に入れられるので、是非ELTO(エルト)へと入会してみてください。
 

 
さて、ELTO(エルト)の「医学英語アカデミー 初級」では、医療の現場で使用する英語に関する知識がない方でも、一から丁寧に教わっていくことができます。

問診票記入までの流れや症状の聞き方を学んだりと初歩的な内容から学習していくので、初心者の方でも無理なくこなせるというわけです。

それに、ELTO(エルト)の医学英語カリキュラムでは、「医療英会話基礎」や「看護英語」、「薬剤師英語」など細かくトピックが分かれている点もメリットかもしれません。

実際に、以下のような医療と関係するフレーズを学習していくので、公式サイトと合わせてチェックしておきましょう。

・どのような症状がありますか?⇒「what are your symptoms?」
・ひどい打ち身みたいね。⇒「It looks pretty bruised.」
・なぜそんなに瞬きをしているの?⇒「Why are you blinking so much?」
・今は抗生物質を飲んでいます。⇒「I’m on antibiotics now.」
・こちらの問診表を記入してください。⇒「Please fill out this questionnaire.」
・食欲はありますか?⇒「Do you have an appetite?」
・処方箋をお預かりします。⇒「May I have your prescription?」

タイトルとURLをコピーしました