【口コミや評判まとめ!】産経オンライン英会話Plusのメリット・デメリット、無料体験の流れを全解説!

産経オンライン英会話Plusの基本情報

産経オンライン英会話Plus

※横にスクロールできます。

産経オンライン英会話Plusの基本情報
スクール名 産経オンライン英会話Plus
運営会社 産経ヒューマンラーニング株式会社
本社の郵便番号 〒160-0023
本社の住所 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア
スクール開校日 2012年(平成24年)7月24日
料金プラン プラン200:月額4,620円
プラン620:月額6,380円
プラン1240:月額12,100円
1レッスンの最安値 25分間で200円~
レッスン時間 1回当たり25分間
使用ソフト レッスンルーム・Skype(スカイプ)
開講時間 毎日5時~23時55分
講師の国籍 フィリピン人講師・ネイティブ講師・日本人講師
講師の人数 370名以上
教材費 オリジナルテキストは無料
ビジネス英語対策
TOEIC対策
TOEFL対策
IELTS対策
子供英会話
カランメソッド
レッスンの予約 授業が始まる30分前まで
レッスンのキャンセル 授業が始まる60分前まで
無料体験 25分間のレッスン×4回
総合評価 ★★★☆☆

産経オンライン英会話Plusは、大手の会社が運営しているスクールです。

産経グループの「株式会社産経デジタル」「ヒューマンホールディングス株式会社」「トランスコスモス株式会社」の3社による共同事業でスタートしました。

今までは産経オンライン英会話として英語学習のサービスを提供していましたが、2020年の大幅リニューアルで産経オンライン英会話Plusと名称が変わっていますよ。

安い料金でレッスンを受けたい方や職業別英会話を身に付けたい方は、産経オンライン英会話Plusへの入会を検討してみてください。

産経オンライン英会話Plusの公式サイトはこちら

産経オンライン英会話Plusで英語を学習する9つのメリットを徹底解説!

産経オンライン英会話Plusは、上記の9つのメリットを持ち合わせているスクールです。

信頼できる会社がお手頃な価格のレッスンを提供していますので、産経オンライン英会話Plusは幅広い年代の方から支持されていますね。

まずは産経オンライン英会話Plusの強みから詳しく見ていきましょう。

1:数多くのオンライン英会話の中でも信頼できるサービス!

※横にスクロールできます。

産経オンライン英会話Plusが信頼できる理由!
大手の会社が運営 大手新聞会社の産経グループが運営している
ISO認証を取得 ISO29990(非公式教育の訓練における学習サービス)と
ISO29991(公式教育外の語学学習サービス)を取得

「信頼できるオンライン英会話で英語の勉強を始めたい」という方はいませんか?

そのような方には、大手の会社運営で2種類のISO認証を取得している産経オンライン英会話Plusがおすすめ!

産経オンライン英会話Plusは国内スクールの中でも、高い信頼と評価を獲得しています。

リコーや三菱モーターズなど、有名な法人が英語研修として導入しているのが高品質の証拠です。

産経オンライン英会話Plusの法人の利用

産経オンライン英会話Plusの法人の利用

無名のスクールに入会するよりも、産経オンライン英会話Plusの方が満足のいく英語学習ができるでしょう。

2:ポイント制の料金プランでマイペースで受講OK!

産経オンライン英会話の料金プラン

※横にスクロールできます。

料金プラン 付与コイン 月額料金 1ヵ月のレッスン上限 1日の受講上限
プラン200 毎月200コイン 月額4,620円 毎月10回 1回まで
プラン620 毎月620コイン 月額6,380円 毎月31回 1回まで
プラン1240 1,240コイン 月額12,100円 毎月62回 2回まで

産経オンライン英会話Plusは、ポイント制のオンライン英会話スクールです。

上記の料金プランから選び、マイペースでマンツーマンレッスンを受講できます。

産経オンライン英会話Plusでは「コイン」との名称ですが、他のスクールのポイントと変わりありません。

毎月付与されるコインを講師に振り分けて消費し、25分間のレッスンを受ける形になりますよ。

プラン200(1ヵ月10回レッスン)やプラン620(1日1回レッスン)は、1日の受講回数の上限が1回です。

しかし、通常の2倍のコインを使用すれば、上限を超えてレッスンを受けられます。

3:コインの繰り越しや家族でのシェアができる!

コインの繰り越し

※横にスクロールできます。

産経オンライン英会話Plusのコインの繰り越しや家族でのシェア!
コインの繰り越し 余ったコインを自分の翌月分に持ち越せる
コインのシェア サブアカウントを作成して2親等の家族でシェアできる

産経オンライン英会話Plusでは、レッスンで使うコインを繰り越したり家族でシェアしたりできます。

コインを無駄にせずに英語の学習を継続できるのは産経オンライン英会話Plusのメリットです。

「自分一人ではコインを使い切れないな~」という時は、サブアカウントを作成して夫婦や親子でシェアしましょう。

有料会員に登録している代表者(親アカウント)は、最大5つまでサブアカウントを追加できます。

産経オンライン英会話Plusのサブアカウントの追加

産経オンライン英会話Plusのサブアカウントの追加

家族みんなでレッスンを受けて英語を勉強したいのであれば、家族でシェアできる産経オンライン英会話Plusを選んでみてください。

※家族でレッスンをシェアできるオンライン英会話5選はこちら!

【8社徹底比較!】家族でレッスンをシェアできるオンライン英会話5選!
オンライン英会話の中には家族でレッスンをシェアできるスクールがあります。夫婦や兄弟でお得にレッスンを受けられるのがメリット!このページでは、レッスンをシェアできるオンライン英会話8社を比較し、特におすすめのスクールを5つ紹介しています。

4:自分だけのカスタマイズプランで英語学習を継続できる!

カスタマイズプラン

「通常の料金プランではレッスンの回数が足りない」「平日は忙しいから土日にまとめて受講したい」という方はいませんか?

産経オンライン英会話Plusでは、「コイン枚数」「受講曜日」「1日の受講回数」「同時予約数」「数日先の予約」をオリジナルで組み合わせられるカスタマイズプランが用意されています。

自分の希望やライフスタイルに合わせてオリジナルの料金プランを作れるのはありがたいですよね。

以下では、通常のプラン1240とカスタマイズプランの例を比較してみました。

※横にスクロールできます。

料金プラン 通常のプラン1240 カスタマイズプラン
受講回数 1ヵ月間で62回 1ヵ月間で62回
付与コイン 毎月1,240コイン 毎月1,200コイン
先行予約日数 7日先まで予約 7日先まで予約
同時予約数 レッスン2回まで レッスン16回まで
1日の受講上限 1日に2回まで 1日に4回まで
有料テキスト 特に使わない 月額550円の試験対策教材
月額料金 月額12,100円 月額16,233円

あくまでも一例ですが、1日の受講上限や同時予約数を増やしたいならプラン1240よりも上記のカスタマイズプランの方が合っています。

産経オンライン英会話Plusのカスタマイズプランの作り方に関しては、こちらのYouTubeの動画をご覧になってください。

カスタマイズプランの作り方

5:フィリピン人・ネイティブ・日本人から講師を選べる!

講師を選べる

※横にスクロールできます。

講師のタイプ フィリピン人講師 ネイティブ講師 日本人講師
大まかな特徴 ゆっくり話してくれる 話すスピードが速め 教え方が丁寧で上手
メリット レッスン1回の料金が安い 英語の正しい発音を学べる 日本語で解説してもらえる
デメリット 訛りのある講師もいる レッスン1回の料金が高い レッスン1回の料金が高い
おすすめレッスン 教材を使ったレッスン 英語の発音や表現の矯正 英語の学習方法を尋ねる

産経オンライン英会話Plusは多国籍の講師が在籍しているオンライン英会話です。

上記の表の通り、フィリピン人・ネイティブ・日本人からレッスンを受ける講師を選べます。

安い料金でたくさんのレッスンを受けたいのであれば、産経オンライン英会話Plusのフィリピン人講師を予約しましょう。

産経オンライン英会話のフィリピン人講師

産経オンライン英会話のフィリピン人講師

英語でのやり取りに不安を抱えている初心者には、日本語でコミュニケーションが取れる日本人バイリンガル講師がおすすめです。

産経オンライン英会話の日本人バイリンガル講師

産経オンライン英会話の日本人バイリンガル講師

産経オンライン英会話Plusには中国人講師も在籍していますので、英語と合わせて中国語を学びたい方にも向いています。

参考 産経オンライン英会話Plusの講師紹介ページ

6:カリキュラム別の無料教材が充実!

産経オンライン英会話Plusは、英語のカリキュラム別の無料教材が充実しています。

自分の英語レベルや目標に合わせたレッスンを受けられるのは大きなメリットですね。

以下では、産経オンライン英会話Plus・DMM英会話・ネイティブキャンプをカリキュラムの内容で比較してみました。

※横にスクロールできます。

スクール名 産経オンライン英会話Plus DMM英会話 ネイティブキャンプ
初心者
日常英会話
ビジネス英会話
職業別英会話
学校教科書準拠
ニュースディスカッション
TOEIC対策
GCAT対策
CASEC

産経オンライン英会話Plusは、幅広いカリキュラムから選んで英語を学習できるスクールだとわかります。

以下では、産経オンライン英会話Plusのカリキュラム別のレッスン内容を詳しく解説していますので、教材やテキストの選び方で迷っている方は参考にしてみましょう。

日常英会話

※横にスクロールできます。

レベル CEFRの目安 英検の目安 TOEICの目安 レッスン数
日常英会話 初級 A1 5級・4級 ~350点 計100レッスン
日常英会話 初中級 A2 3級・準2級 350点~500点 計100レッスン
日常英会話 中級 B1 2級 500点~750点 計100レッスン
日常英会話 中上級 B2 準1級 750点~900点 計75レッスン

産経オンライン英会話Plusでは、上記の表の通りレベル別の日常英会話コースが用意されています。

イラストや日本語訳が入ったオリジナルテキストを使って学べるのが特徴的!

産経オンライン英会話Plusの日常英会話テキスト

産経オンライン英会話Plusの日常英会話テキスト

海外旅行や留学で役立つフレーズ、日常的なシチュエーションにおける対応力を身に付けたい方は産経オンライン英会話Plusの日常英会話テキストを使いましょう。

ビジネス英会話

産経オンライン英会話Plusのビジネス英会話教材で学べる内容!
  • 職場や取引先など、ビジネスで必要とされる語彙力
  • ビジネスシーンで交わされる様々な表現やフレーズ
  • ビジネスシーンにおける実践的な応用力

産経オンライン英会話Plusのビジネス英会話のカリキュラムでは、上記の3つの内容を総合的に学べます。

日常英会話と同じで、個人のレベル別でテキストがわかれているのはありがたいポイントですね。

産経オンライン英会話Plusのビジネス英会話テキスト

産経オンライン英会話Plusのビジネス英会話テキスト

普段の仕事や転職活動で英語力を活かしたい方は、産経オンライン英会話Plusのビジネス英会話テキストを使ってみてください。

※ビジネス英語が学べるオンライン英会話スクールはこちら!

【10社徹底比較!】ビジネス英語の学習におすすめのオンライン英会話6選!
この記事では、ビジネス英語を学習できるオンライン英会話10社を比較し、特におすすめのスクールを6社紹介しています。オンライン英会話は講師とのロールプレイレッスンを受けられるのがメリット!実践的なビジネス英会話力を身に付けたい方は受講してみてください。

職業別英会話

※横にスクロールできます。

職業別英会話 レッスンの内容
小売店 計45レッスン 商品の提案など小売店での接客に必要な英会話表現を学ぶ
レストラン 計45レッスン 料理の説明などレストランでの接客で使う英語表現を学ぶ
鉄道 計45レッスン 切符の買い方など駅での接客に必要な英会話フレーズを学ぶ
タクシー 計45レッスン タクシーの車内でお客さんに使う英語表現を学ぶ
郵便局 計45レッスン 貯金や送金など郵便局で働く方に必要な英会話表現を学ぶ

産経オンライン英会話Plusでは、個人の業種や職種に合わせた職業別英会話を学べます。

外国人のお客様が来店して接客する際に、英語を話せなくて困ってしまった方はいませんか?

「小売店」「レストラン」「鉄道」「タクシー」「郵便局」では日本人以外の外国人と接する機会が多いため、産経オンライン英会話Plusで職業別英会話を学ぶのは効果的ですよ。

カリキュラムの内容やテキストの進め方に関しては、産経オンライン英会話Plusの公式サイトをご覧になってください。

参考 産経オンライン英会話Plusの職業別英会話

学校教科書準拠

学校

他のスクールとは違い、産経オンライン英会話Plusは学生向けの中学校教科書準拠教材を用意しています。

中学校教科書準拠教材は学校の教科書で学ぶ文法項目を使い、外国人講師とマンツーマンで会話の練習を行うテキストです。

産経オンライン英会話Plusの中学校教科書準拠教材の特徴は次の3つ!

  • 言語学習の参照枠であるCEFRレベルを参考に作成している
  • 文科省の学習指導要領の内容に準拠している
  • フォニックス(アルファベットと音の関係)を導入している

英語の発音や綴りを学べるフォニックスに焦点を当てているのは実に特徴的ですね。

※フォニックスが学べるオンライン英会話はこちら!

【8社徹底比較!】フォニックスが学べる幼児向けオンライン英会話5選!
幼児向けのオンライン英会話の中には、フォニックスを学べるスクールがあります。フォニックスとは英語の正しい読み方の学習を容易にさせる方法です。子供のオンライン英会話選びで迷っている親御さんは、こちらのページを参考にしてみてください。

ニュースディスカッション

ニュース記事

産経オンライン英会話Plusのニュースディスカッションでは、英文記事のニュースを題材に講師との意見交換ができます。

自分の意見を相手に伝えるスキルや話し合いの能力を高めたいのであれば、ディスカッションレッスンが効果的です。

※ディスカッションにおすすめのオンライン英会話はこちら!

【10社徹底比較!】ディスカッションにおすすめのオンライン英会話5選!
この記事では、ディスカッションにおすすめのオンライン英会話10社を徹底比較しました。講師とのディスカッションにより、英語の言い回しを増やしたり相手に伝えるスキルを伸ばしたりできます。スクール選びで迷っている方は是非一度参考にしてみてください。

ここでは、産経オンライン英会話Plusのニュースディスカッションで取り扱う内容をいくつか挙げていきます。

※横にスクロールできます。

ニュースディスカッションで取り扱う内容!
政治 日本や海外の政権問題、選挙問題、国際関係
経済 為替指数、貿易問題
ビジネス 国内外の企業の動向
化学 最先端化学技術
医療 医療現場問題、最先端医療技術
環境 環境問題、国内外の環境保全の取り組み

難しいボキャブラリーやフレーズが登場しますが、積極的に発言する力を養成したい中級者以上の方はチャレンジしてみましょう。

TOEIC対策

TOEIC

※横にスクロールできます。

産経オンライン英会話PlusのTOEIC教材!
Building TOEIC Skills 初めてTOEICを受験する方に最適の入門書
Developing TOEIC Skills 650点~750点が目標の中級者向けのテキスト
Mastering TOEIC Skills ハイスコアを目指す上級者向けのTOEIC対策教材

産経オンライン英会話Plusでは、TOEIC対策のレッスンにも力を入れています。

上記のレベル別の教材を使用し、目標のスコアを目指す仕組みです。

全てのレベルの教材で小テストや模擬試験が付属されていますので、本番さながらの環境で徹底対策ができますよ。

GCAT対策

GCAT(ジーキャット)とは、「Global Communication Ability Test」の略称です。

英語を道具に真の意味でのグローバルコミュニケーションをすることのレベルを認証するテストで、産経オンライン英会話Plusが独自に開発しました。

GCATのテストが受けられるスクールは産経オンライン英会話Plusくらいですね。

産経オンライン英会話Plusの有料会員であれば、その日のレッスンの代わりに追加料金不要で受験できます。

世界各国の英語話者とのコミュニケーションを目指す方は、産経オンライン英会話PlusでGCAT(ジーキャット)を受けてみましょう。

産経オンライン英会話Plusの公式サイトはこちら

CASEC(キャセック)

CASEC(キャセック)

CASEC(キャセック)とは、「Computerized Assessment System for English Communication」の略称です。

英検が基礎開発したネット上で受験できる英語のテストで、「企業の採用試験」「英語研修の効果測定」「大学のプレイスメント」など幅広く活用されていますよ。

産経オンライン英会話Plusは、CASEC(キャセック)の受験を推奨しているスクールです。

「今の実力を把握して学習計画に役立てたい」「英語の上達度合いを定期的に確認したい」という方は、産経オンライン英会話PlusのレッスンでCASEC(キャセック)の対策をした後に受験してみてください。

7:講師からレッスンレポートやフィードバックあり!

多くのオンライン英会話では、25分間のレッスンを受けて終わりです。

しかし、産経オンライン英会話Plusは授業を受け終わった後に担当の講師からレッスンレポートが届きます。

産経オンライン英会話Plusのレッスンレポート

産経オンライン英会話Plusのレッスンレポート

発音や文法の指摘をフィードバックしてくれますので、講師からのレッスンレポートは復習に役立つこと間違いなし!

「この文章は○○○と表現した方が良いよ」と細かく指導してくれます。

※横にスクロールできます。

YOU SAID BETTER
I will excited that I will go the theater. I am excited to go to the theater.
I’m tried to go to the bed early. I’m trying to go to bed earlier than usual.

レッスンレポートの内容は講師で違いがあるものの、産経オンライン英会話Plusはサポートの手厚いスクールです。

8:個人の目的に合わせてオプションを組み合わせられる!

オプション

※横にスクロールできます。

オプション 価格 コースの概要
コーチング型短期集中プログラム 2ヵ月で82,500円 普段のレッスンに加えて学習コンサルタントと二人三脚で学べる
大学入試外部検定試験対応テキスト 月額+550円 大学進学を目指す高校生が英語での発信力を習得して希望の進路を実現するコース
英検二次試験対策 月額+550円 オリジナル教材に沿って講師が面接官役として本番さながらの模擬練習ができる
TOEIC対策eラーニング 16,500円 パソコンやiPadでTOEICテストで求められる実践的な英語力を身に付けられる
世界中で通じる!ものづくり現場の英語 22,000円 3ヵ月間に渡って製造現場で使える英語を学ぶ通信講座
目からウロコのメールライティング講座 38,500円 プロのリライターによる添削やレベル別で選べるeラーニングコース
キャビンアテンダント面接突破対策プログラム 79,860円 日系エアラインやホテル、外資系CAを目指す方向けの英会話コース

産経オンライン英会話Plusでは、通常の料金プランに加えて上記のオプションを組み合わせて英語を学べます。

英検二次試験対策や大学入試対策など、個人の目的に特化したオプションを選べるのは産経オンライン英会話Plusくらいですね。

中でも、初心者を脱出できるコーチング型短期集中プログラムはおすすめ!

コーチング型短期集中プログラムは通常のレッスンを受けながらも、日本人の専門コンサルタントによる学習サポートやアドバイスをもらえます。

2ヵ月コースと3ヵ月コースから選択できますので、一人での英語学習に不安を抱えている方は利用してみてください。

※産経オンライン英会話Plusのコーチング型短期集中プログラムのおすすめポイントはこちら!

産経オンライン英会話Plusのコーチング型短期集中プログラムのおすすめポイントを徹底解説!
産経オンライン英会話Plusは、オプションのコーチング型短期集中プログラムを用意しています。2ヵ月~3ヵ月に渡り、コンサルタントが英語学習をサポートしてくれるサービスです。短期間で実力アップを図りたい方は、産経オンライン英会話Plusに入会してみましょう。

9:受験に役立つ学校向けプランを用意!

学校向けプラン

産経オンライン英会話Plusは、学生の受験に役立つ学校向けプランを用意しています。

学生の英語力を上げる目的で、産経オンライン英会話Plusを導入している中学校や高校は少なくありません。

産経オンライン英会話Plusの学校向けサービスが優れている理由は次の3つです。

  • レッスン数や教材の種類をカスタマイズし、学校内や自宅で受講できる
  • 自宅学習レッスン単価は116円~、授業内レッスン単価は900円~1,200円と料金が安い
  • レッスン導入時に安心のサポート体制が敷かれている

「授業の一環として導入したい」「英語部の少人数に提供したい」「自宅での補填として利用したい」など、様々なカスタマイズプランを提案してくれますよ。

産経オンライン英会話Plusの導入を検討している学校は、一度問い合わせてみてください。

参考 産経オンライン英会話Plusの学校向けサービス

産経オンライン英会話Plusで英語を学習する5つのデメリット…

他のオンライン英会話と比較してみると、産経オンライン英会話Plusには上記の5つのデメリットあり…。

産経オンライン英会話Plusの有料プランに入会する前に、良くない部分をきちんと確認しておきましょう。

1:ネイティブ講師と日本人講師のレッスン料金が高すぎる…

使用コイン数

※横にスクロールできます。

レッスン1回に必要なコインの枚数!
フィリピン人講師 1回当たり20コイン
キッズレッスン講師 1回当たり90コイン
ネイティブ講師 1回当たり300コイン
日本人講師 1回当たり300コイン

産経オンライン英会話Plusの一番のデメリットは、ネイティブ講師と日本人講師のレッスン料金が高すぎるところです。

上記の表を見ればわかる通り、ネイティブ講師と日本人講師と受講するにはフィリピン人講師の15倍のコインを消費しないといけません。

産経オンライン英会話Plusの料金プラン別で、どのくらいの回数のレッスンをネイティブ講師や日本人講師と受けられるのか比較してみましょう。

※横にスクロールできます。

料金プラン 付与コイン 月額料金 レッスンの回数
プラン200 200コイン 月額4,620円 受講不可
プラン620 620コイン 月額6,380円 2回のレッスン
プラン1240 1,240コイン 月額12,100円 4回のレッスン

月額12,100円のプラン1240でもレッスンの最大回数は1ヵ月4回で、1回当たりの価格は約3,000円ですよ。

金銭的な負担が大きすぎますので、産経オンライン英会話Plusはネイティブ講師や日本人講師とのレッスンに向いていません。

産経オンライン英会話Plusとは違い、DMM英会話は1回当たりのレッスン料金が485円~と格安です。

DMM英会話のプラスネイティブプランの毎日1レッスンは、月額15,800円で1日1回のペースでネイティブ講師や日本人講師と受講できます。

産経オンライン英会話Plusよりも遥かに安いので、まずはDMM英会話で無料体験を受けてみてください。

DMM英会話の公式サイトはこちら

【口コミや評判まとめ!】DMM英会話のメリット・デメリット、無料体験の流れを全解説!
DMM英会話は16の項目でNo.1に輝いている大手のオンライン英会話です。小さなお子さんから高齢者まで幅広い年齢やレベルの方が英語学習で利用しています。ここではDMM英会話のメリットやデメリット、無料体験の流れや口コミの評判を詳しくまとめました。

2:在籍している講師の人数が少ない…

※横にスクロールできます。

オンライン英会話 在籍している講師の人数
NativeCamp(ネイティブキャンプ) 11,000名以上
Cambly(キャンブリー) 10,000名以上
DMM英会話 7,500名以上
レアジョブ英会話 6,000名以上
EF English Live 2,000名以上
Bizmates(ビズメイツ) 1,600名以上
ベストティーチャー 900名以上
産経オンライン英会話Plus 370名以上

他の大手のオンライン英会話と比較してみると、産経オンライン英会話Plusは在籍している講師の人数が少ないのがデメリット…。

数千名以上の講師で構成されているスクールが多い中、産経オンライン英会話Plusはたったの370名程度です。

産経オンライン英会話の講師の人数

産経オンライン英会話の講師の人数

講師の人数を重視している方には、NativeCamp(ネイティブキャンプ)がおすすめ!

産経オンライン英会話Plusとは違い、NativeCamp(ネイティブキャンプ)には11,000名以上の講師が在籍しています。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)はネイティブ講師や日本人講師とも受講できますので、まずは7日間の無料トライアルを試してみましょう。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の公式サイトはこちら

【口コミや評判まとめ!】ネイティブキャンプのメリット・デメリット、無料体験の流れを全解説!
NativeCamp(ネイティブキャンプ)は無制限レッスンOKのオンライン英会話!月額6,480円で何回でもマンツーマンレッスンを受けられます。ここではネイティブキャンプのメリットやデメリット、受講生の口コミや評判についてまとめました。

3:受講生からの講師の評価やコメントを見られない…

産経オンライン英会話Plusは、受講生からの講師の評価やコメントを見ることができません。

そのため、「何を基準に講師を選べば良いのかわからない」「いい加減なレッスンをする先生が来た」と不満を抱えている方はいますね。

例えば、上記の項目で紹介したDMM英会話やNativeCamp(ネイティブキャンプ)は、講師詳細ページで受講生からの評価やコメントを確認OK!

DMM英会話の講師の評価

DMM英会話の講師の評価

ネイティブキャンプの講師の評価

ネイティブキャンプの講師の評価

「高評価を残している」「コメントが良い」といった先生を選べば、失敗するリスクを低くできます。

しかし、産経オンライン英会話Plusの講師の採用率はたったの1.2%です。

「書類選考」⇒「一次面接」⇒「トレーニング」⇒「模擬練習・試験1」⇒「模擬練習・試験2」⇒「最終面接」を突破しないと、講師として受講生にレッスンを提供できません。

つまり、産経オンライン英会話Plusで酷すぎる講師に当たる確率はかなり低いので安心してください。

4:英検やTOEICのテキストは別途で料金がかかる…

産経オンライン英会話Plusでは、英検対策やTOEIC対策のレッスンを受けられます。

英検合格を目指している方やTOEICのスコアアップを狙っている方に向いていますが、テキスト代は別途で支払わないといけません。

他のカリキュラムのレッスンと比べてみると、余計な費用がかかると心得ておくべきです。

5:在宅勤務の先生はネット回線が不安定になりやすい…

※横にスクロールできます。

産経オンライン英会話Plusの講師の勤務スタイル!
在宅講師 自宅のネット回線やパソコンを通してレッスンを提供
オフィス勤務講師 専用のオフィスに通勤してレッスンを提供

産経オンライン英会話Plusに在籍している先生は、在宅講師とオフィス勤務講師の2種類に大きくわけられます。

在宅勤務の先生の場合、ネット回線が不安定になって音声や映像に乱れが生じやすいのがデメリット…。

光回線の整った専用オフィスと比べてみると、トラブルのリスクは上がりますよ。

※オンライン英会話で引き起こされやすいトラブルはこちら!

オンライン英会話で起こりやすいトラブルの事例と正しい対処法を徹底解説!
オンライン英会話では、通信障害や講師とのトラブルが起こることがあります。この記事では、オンライン英会話で起こりやすいトラブルの事例をまとめました。正しい対処法についても解説していますので、快適にレッスンを受けたい方は要チェックです。

産経オンライン英会話Plusで無料体験を受けるまでの流れを徹底解説!

※横にスクロールできます。

産経オンライン英会話Plusで無料体験を受けるまでの流れ!
ステップ①:登録 公式サイトにアクセスして無料会員に登録する
ステップ②:予約 希望の講師と日時を選んで体験レッスンを予約する
ステップ③:受講 初心者にも安心のトライアル教材でレッスンを受講する

産経オンライン英会話Plusでは、無料会員への登録で体験レッスンを受けられます。

以下では、産経オンライン英会話Plusで無料体験を受けるまでの流れを詳しくまとめました。

ステップ①:公式サイトにアクセスして無料会員に登録する!

※横にスクロールできます。

産経オンライン英会話Plusの無料体験の回数!
フィリピン人講師 2枚のレッスンチケット付与(登録後60日まで)
日本人講師 1枚のレッスンチケット付与(登録後3日まで)
中国語会話 1枚のレッスンチケット付与(登録後3日まで)

多くのオンライン英会話は、無料体験の回数は1回~2回です。

一方で産経オンライン英会話Plusは全部で4回の体験レッスンの受講OK!

フィリピン人講師とのレッスンは2回、日本人講師とのレッスンは1回、中国語会話のレッスンは1回ですね。

まずは次の手順で産経オンライン英会話Plusの公式サイトから無料会員に登録しましょう。

 

①産経オンライン英会話Plusの公式サイトにアクセスし、「無料体験レッスン」のボタンを押す

産経オンライン英会話Plusの無料体験の流れ

 

②「フィリピン人講師レッスン2回」「日本人講師レッスン1回」などの条件に目を通す

産経オンライン英会話Plusの無料体験の流れ

 

③「氏名」「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「仮登録メール送信」をクリックする

産経オンライン英会話Plusの無料体験の流れ

 

④登録のアドレスにスクールからメールが届くので、中に記載されているURLをクリックする

産経オンライン英会話Plusの無料体験の流れ

 

URLをクリックし、「本登録が完了しました。ログイン画面から登録のメールアドレスとパスワードでログインしてください。」と画面に表示されれば完了です。

本登録の完了

本登録の完了

産経オンライン英会話Plusへの登録でクレジットカード情報は不要ですので、無料会員から勝手に月額料金が引き落とされる心配はありません。

産経オンライン英会話Plusの公式サイトはこちら

ステップ②:希望の講師と日時を選んで体験レッスンを予約する!

産経オンライン英会話Plusへの登録が完了した後は、ログインIDとパスワードを入力してマイページにログインしましょう。

マイページへのログイン

マイページへのログイン

マイページで希望の講師と日時を選び、体験レッスンを予約して受講する流れです。

以下では、産経オンライン英会話Plusの体験レッスンを予約する手順を画像付きで解説していきます。

 

①マイページのトップ画面で、無料体験チケットの「予約する」のボタンを押す

レッスンの予約

 

②レッスンの日付や時間帯、講師の条件を指定して探す

レッスンの予約

 

③レッスンスタイルと教材を選択し、「この内容で予約する」を押して完了

レッスンの予約

 

予約が完了した後は、レッスンの日時まで待てばOKです。

急な予定やスケジュールの変更で受講できなくなった時は、授業が始まる60分前までに産経オンライン英会話Plusのマイページからキャンセルの手続きをしてください。

ステップ③:初心者にも安心のトライアル教材でレッスンを受講する!

産経オンライン英会話Plusの体験レッスンでは、初心者にも安心の2種類のトライアル教材が使えます。

 

トライアルA教材:日常シーンで活用できる定型表現の習得を目的にしたテキスト

トライアルA教材

 

トライアルB教材:会話を組み立てる練習をする中級者や上級者を対象にしたテキスト

トライアルB教材

 

トライアル教材で体験レッスンを予約すると、講師がレベルチェックを行ってあなたのレベルを伝えてくれますので、今後の英語学習に役立つこと間違いなし!

予約したレッスンの5分前になったら、産経オンライン英会話Plusのマイページトップから「受講開始」のボタンをクリックしてレッスンルームに入室しましょう。

レッスンルームへの入室

レッスンルームへの入室

レッスン開始から5分以上が経過すると欠席扱いになる場合がありますので、なるべく早めにレッスンルームに入室すべきです。

【特典は?】産経オンライン英会話Plusのキャンペーン情報や割引クーポンを紹介!

キャンペーン

※横にスクロールできます。

産経オンライン英会話Plusの第1弾8月キャンペーンの概要!
キャンペーンの期間 2021年8月3日~8月11日まで
キャンペーンの対象者 対象期間中にクーポンを使って有料会員に入会
クーポンコード C-30off-620-aug01
キャンペーンの特典 1日1回プランが月額6,380円⇒月額4,466円と初月30%OFF
キャンペーンの適用方法 申し込み画面の所定欄に指定のクーポンコードを貼り付ける

2021年の8月現在で、産経オンライン英会話Plusでは上記の第1弾8月キャンペーンが実施されています。

期間中に無料会員に登録し、有料の1日1回プランに申し込むと初月の料金が月額6,380円⇒月額4,466円に割引!

通常よりも安い料金で入会できますので、産経オンライン英会話Plusのキャンペーンはお得ですよ。

また、キャンペーン対象期間中は、レッスンの追加コインも100枚通常1,650円のところ25%OFFの1,237円に割引されます。

産経オンライン英会話Plusでは、過去に短期集中プログラムご紹介キャンペーンやステイホーム応援キャンペーンも行われていました。

定期的にお得なキャンペーンを利用できますので、産経オンライン英会話Plusの最新情報や割引クーポンは公式サイトを要チェックです。

産経オンライン英会話Plusの公式サイトはこちら

産経オンライン英会話Plusの効果的な使い方や勉強法を紹介!

ここでは、産経オンライン英会話Plusの効果的な使い方やおすすめの勉強法について解説していきます。

1:自分の学習スタイルに合わせて利用方法を考える!

※横にスクロールできます。

学習スタイル 産経オンライン英会話Plusの活用法
毎日コツコツ 1日1回のプラン620や1日2回のプラン1240を選ぶ
週末まとめて カスタマイズプランで金土日にまとめて受講する
親子で受講したい コインが余った月に家族でシェアして受講する
短期集中で学びたい コーチング型短期集中プログラムで指導を受ける
自由に会話したい ニュース記事でフリートークレッスンを受ける

産経オンライン英会話Plusを有効活用するには、上記を目安に自分の学習スタイルに合わせて利用方法を考えましょう。

週末にまとめて受講したり親子一緒に英語を勉強したりと、産経オンライン英会話Plusは自由な使い方ができます。

※親子や兄弟で一緒に受けられるオンライン英会話5選はこちら!

【10社徹底比較!】親子や兄弟で一緒に受けられるオンライン英会話5選!
オンライン英会話は親子や兄弟など家族一緒に受講できます。この記事では親子で受講できるオンライン英会話10社を比較し、特におすすめのスクールを5社まとめました。お子さんと一緒に英語を学びたいと考えている親御さんは要チェックです。

産経オンライン英会話Plusを受講する前に、まずは自分にどのような学習スタイルが合っているのか考えることから始めてみてください。

2:予習⇒レッスン⇒復習を1セットと考える!

※横にスクロールできます。

産経オンライン英会話Plusの効果的な使い方!
①予習 レッスンの受講前に授業で使うテキストに目を通す
②レッスン 外国人講師とのレッスンで積極的に英語を話す
③復習 レッスンで理解できなかった部分を見直す

「予習」⇒「レッスン」⇒「復習」を1セットと考えるのは、産経オンライン英会話Plusの効果的な使い方ですね。

レッスンの受講頻度で変わりますが、1回25分間で急激に英語力が上がることはありません。

※オンライン英会話のレッスンの頻度やペースについてはこちら!

【週に何回?】オンライン英会話のレッスンの頻度やペースについて徹底解説!
オンライン英会話を始めるに当たり、「1週間に何回のレッスンを受ければ良いの?」と悩んでいる方はいませんか?ここでは個人のレベル別で、オンライン英会話のレッスンの頻度やペースの目安を解説していきます。

英語の勉強には長い期間がかかりますので、自宅での予習や復習を忘れずに行うべきです。

3:AI発音判定サービスのAispeakで自習する!

Aispeak

産経オンライン英会話Plusでは、AI発音判定サービスのAispeakが使えます。

Aispeakは日本人が苦手なLやRなどの発音を予習&復習できますので、英語の発音矯正がしたい方にピッタリのサービスです。

単語の発音練習に加えて、シャドーイングやディクテーションで勉強してみましょう。

※発音矯正におすすめのオンライン英会話はこちら!

【10社徹底比較!】英語の発音矯正におすすめのオンライン英会話5選!
「英語の発音が苦手…」「相手に自分の英語が伝わらない…」と悩んでいる方はいませんか?英語の発音に自信のない方には、オンライン英会話の発音矯正レッスンがおすすめ!この記事では、英語の発音矯正におすすめのオンライン英会話スクールを5社紹介しています。

4:長期契約割引を利用して受講する!

長期契約割引

※横にスクロールできます。

料金プラン プラン620(1日1レッスン) プラン1240(1日2レッスン)
通常プラン 月額6,380円 月額12,100円
3ヵ月契約 18,757円(1ヵ月6,252円) 35,574円(1ヵ月11,858円)
6ヵ月契約 36,366円(1ヵ月6,061円) 68,970円(1ヵ月11,495円)
12ヵ月契約 68,904円(1ヵ月5,742円) 130,768円(1ヵ月10,742円)

上記の料金表を見ればわかる通り、産経オンライン英会話Plusでは長期契約割引を利用できます。

「3ヵ月」「6ヵ月」「12ヵ月」でまとめて契約すれば、1ヵ月当たりの料金が安くなりますのでお得です。

産経オンライン英会話Plusで英語の学習を長く継続する予定の方は、長期契約割引の利用も検討してみてください。

産経オンライン英会話Plusの口コミや評判まとめ!

産経オンライン英会話Plusの口コミや評判

このページでは、産経オンライン英会話Plusの受講生の口コミや評判を紹介していきます。

1:毎日プランは多すぎだから産経オンライン英会話Plusで姉とコインを半分にしている!

オンライン英会話の毎日プランは、1日に1回のペースでレッスンを受講し続けないといけません。

「1日に1回はキツい」という理由で、産経オンライン英会話Plusのレッスンを家族でシェアしている方はたくさんいますよ。

どの料金プランを選んでも、コインをシェアして使えるのは産経オンライン英会話Plusのおすすめポイントです。

2:在籍している講師の質は産経オンライン英会話Plusがトップの印象!

産経オンライン英会話Plusの講師の質に満足しているユーザーはいました。

「講師の質は業界の中でもトップ」との口コミや評判も!

英語力や指導力の高い講師に教わりたいのであれば、多国籍の先生が在籍している産経オンライン英会話Plusで決まりですね。

3:産経オンライン英会話Plusは開始1時間前までキャンセルOKで助かる!

オンライン英会話によって、レッスンの予約とキャンセルのルールには違いがあります。

産経オンライン英会話Plusはレッスン開始1時間前まで直前キャンセルOK!

急な予定やスケジュール変更に対応できるのは、産経オンライン英会話Plusのありがたいところです。

4:産経オンライン英会話Plusの文法レッスンは内容が濃い!

「オンライン英会話のレッスンはただ英語で会話するだけ」とイメージしている方はいませんか?

しかし、産経オンライン英会話Plusでは内容の濃い文法レッスンを受けられるようです。

基礎的な文法を理解して中学英語からやり直したい方に、産経オンライン英会話Plusは向いています。

5:リニューアルで産経オンライン英会話Plusになってから価格面がわかりにくくなった…

Twitterの口コミを見てみると、「産経オンライン英会話Plusへのリニューアルで価格面がわかりにくくなった」とのコメントがありました。

従来の産経オンライン英会話は月額制でしたが、リニューアルでコイン制(ポイント制)に変わっています。

月額制の料金プランに慣れている方は、産経オンライン英会話Plusの新プランで戸惑っているようです。

6:ビズメイツの後だと産経オンライン英会話Plusのレッスンが簡単に感じる…

Bizmates(ビズメイツ)と産経オンライン英会話Plusは、両方ともビジネス英語の学習ができます。

しかし、Bizmates(ビズメイツ)のレッスンの後だと、産経オンライン英会話Plusが簡単だったとの口コミがありました。

本格的にビジネス英語を学びたいのであれば、専門のBizmates(ビズメイツ)の利用がおすすめですね。

Bizmates(ビズメイツ)の公式サイトはこちら

【口コミや評判まとめ!】Bizmates(ビズメイツ)のメリット・デメリット、無料体験の流れを全解説!
Bizmates(ビズメイツ)はビジネス英語に特化して学べるオンライン英会話!ビジネス経験豊富なフィリピン人講師と一緒に学ぶことができます。ここではBizmates(ビズメイツ)のメリットやデメリット、受講生の口コミや評判について詳しくまとめました。

7:産経オンライン英会話の講師にレッスンをドタキャンされた…

産経オンライン英会話の講師にレッスンをドタキャンされて、ショックを受けている受講生はいます。

こちら側が予定を空けているのにも関わらず、向こうが勝手にキャンセルしてくるのはウザいですよね。

しかし、産経オンライン英会話Plusに変わってから講師の質も上がっていますので、トラブルのリスクは限りなく低くなっています。

産経オンライン英会話Plusに関するQ&A!

ここでは、産経オンライン英会話Plusの利用で気になるポイントをQ&A形式でわかりやすく解説していきます。

Q1:産経オンライン英会話Plusのマイページにログインできないのはなぜですか?

入力したログインIDやパスワードが間違っていると、マイページにログインできません。

パスワードを忘れてしまった方は、産経オンライン英会話Plusのこちらのページで再発行の手続きを行いましょう。

参考 産経オンライン英会話Plusのパスワード再発行

Q2:産経オンライン英会話Plusの公式ブログはありますか?

スタッフブログでは、今週のおすすめ講師やネイティブのワンポイントレッスンなどの記事が投稿されています。

英語の学習を進める上でのヒントも詰まっていますので、産経オンライン英会話Plusのスタッフブログに目を通しておきましょう。

参考:産経オンライン英会話Plusのスタッフブログ https://human.sankei.co.jp/guide/blog/

Q3:産経オンライン英会話Plusに英検対策のコースはありますか?

月額550円のカスタマイズプランに入会すると、産経オンライン英会話Plusで英検対策のレッスンを受けられます。

英検準1級~5級の過去問題をベースに開発されたオリジナルテキストを使い、本番の受験形式で模擬練習ができるコースです。

※英検対策におすすめのオンライン英会話はこちら!

【8社徹底比較!】英検対策におすすめのオンライン英会話5選!
このページでは、英検対策に力を入れているオンライン英会話8社を比較し、特におすすめのスクールを5つ紹介しています。英検の合格を目指している方は、専門カリキュラムが用意されたオンライン英会話を利用しましょう。

Q4:産経オンライン英会話Plusへの問い合わせはどうすれば良いですか?

産経オンライン英会話Plusのカスタマーサポート窓口では、自由に問い合わせ内容を記載してリクエスト送信ができます。

電話での問い合わせには対応していませんので、こちらのページから必要事項を入力してください。

参考 産経オンライン英会話Plusへの問い合わせ

Q5:産経オンライン英会話Plusは中学生にも向いていますか?

産経オンライン英会話Plusでは中学生の子供が英語を学べるように、学校教科書準拠のテキストを用意しています。

中学校1年~3年までに習う内容を網羅していますので、「基礎英語力をアップしたい」「学校のテスト対策がしたい」という方にもおすすめです。

Q6:産経オンライン英会話PlusはiPhoneやiPadで受講できますか?

産経オンライン英会話Plusのレッスンはパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットでも受けられます。

iPhoneやiPadをご利用の方はSafari、それ以外の端末をお使いの方はGoogle Chromeからアクセスしましょう。

Q7:産経オンライン英会話Plusに週末レッスンプランはありますか?

産経オンライン英会話Plusに週末専用の料金プランはありませんが、毎月のコイン枚数や1日のレッスン上限をカスタマイズできるプランがあります。

平日が仕事で忙しくて週末しか受講できない方は、カスタマイズプランで英会話のレッスンを継続しましょう。

参考 週末まとめてレッスン

Q8:産経オンライン英会話Plusでレッスン不成立になった場合はどうなりますか?

回線不調や自然災害などスクール側の都合でレッスンが不成立になった時は、消費したコインもしくはチケットが返還されます。

産経オンライン英会話Plusのレッスン中に何かトラブルが引き起こされても、受講生が損をすることはありません。

※オンライン英会話で引き起こされやすいトラブルはこちら!

オンライン英会話で起こりやすいトラブルの事例と正しい対処法を徹底解説!
オンライン英会話では、通信障害や講師とのトラブルが起こることがあります。この記事では、オンライン英会話で起こりやすいトラブルの事例をまとめました。正しい対処法についても解説していますので、快適にレッスンを受けたい方は要チェックです。

Q9:産経オンライン英会話Plusで休会はできますか?

産経オンライン英会話Plusでは、無期限で一時的にレッスンをお休みする休会ができます。

休会中から再開した時に、個人情報やレッスン履歴を引き継ぐことができますので安心してください。

※産経オンライン英会話Plusの休会と退会の違いはこちら!

産経オンライン英会話Plusの休会と退会の違いを徹底解説!プラン解約の手順は簡単?
産経オンライン英会話Plusには休会と退会の2つの手続きがあります。休会はプランの解約、退会はアカウントの削除です。このページでは、産経オンライン英会話Plusの休会(プラン解約)や退会の手順を詳しくまとめました。

Q10:産経オンライン英会話PlusとDMM英会話のどちらが良いですか?

産経オンライン英会話PlusとDMM英会話は、両方とも受講生から人気の大手のオンライン英会話です。

職業別プログラムでビジネス英語を学びたいなら産経オンライン英会話Plus、多国籍の講師とレッスンを受けたいならDMM英会話を選びましょう。

【口コミや評判まとめ!】DMM英会話のメリット・デメリット、無料体験の流れを全解説!
DMM英会話は16の項目でNo.1に輝いている大手のオンライン英会話です。小さなお子さんから高齢者まで幅広い年齢やレベルの方が英語学習で利用しています。ここではDMM英会話のメリットやデメリット、無料体験の流れや口コミの評判を詳しくまとめました。

まとめ

産経オンライン英会話Plusのメリットやデメリット、無料体験の流れや口コミの評判についておわかり頂けましたか?

自分で料金プランをカスタマイズしたりオプションサービスが充実していたりと、産経オンライン英会話Plusは他のスクールと差別化を図っていますね。

中でもビジネス英語や職業別英会話に力を入れていますので、産経オンライン英会話Plusで英語の学習を始めてみてください。

産経オンライン英会話Plusの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました