オンライン英会話のディスカバーイングリッシュ(DiscLEO)の特徴

オンライン英会話のディスカバーイングリッシュ(DiscLEO)の特徴は?

オンライン英会話のディスカバーイングリッシュ(DiscLEO)の特徴は?
ディスカバーイングリッシュ(DiscLEO)は2014年の9月に開校した比較的新しいオンライン英会話です。

オンライン英会話の人気は今でも衰えることはなく、次々と新しいスクールが登場しています。

その一つがディスカバーイングリッシュ(DiscLEO)で、どのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

  • フィリピン人講師とマンツーマンスタイルで受講できるオーソドックスなスクール
  • 月額6,224円から始められるので金銭的な負担が少ない
  • キッズからシニア、初心者から上級者までと誰でも気軽に受講できる
  • ライティングプログラムが用意されているので書き取り能力の向上が期待できる
  • レッスン時間外にも学べる豊富な無料教材で予習や復習が可能
  • 最初に診断テストやレベルチェックが受けられるので自分の英語力を把握できる

「オンライン英会話はリスニング力とスピーキング力しか鍛えられない」と考えている方は多いかもしれません。

しかし、ディスカバーイングリッシュ(DiscLEO)はライティングプログラムや無料教材が豊富で、同時にリーディング力やライティング力が鍛えられます。

個々のレベルに合わせてカリキュラムを作成でき、どのレベルの生徒でも気軽に学べる大きな理由です。

今の自分に合ったレッスンを受けるのが上達への近道なので、英語の学習方法で悩んでいる方はディスカバーイングリッシュ(DiscLEO)を受講してみてはいかがでしょうか。

ディスカバーイングリッシュ(DiscLEO)のデメリットは?

ディスカバーイングリッシュ(DiscLEO)には幾つかのデメリットがあるので、以下では簡単にまとめてみました。

  • 平日は18時~24時と受講できるレッスン時間が短い
  • 在籍しているフィリピン人講師の数がまだまだ少ない
  • 生徒数が少ないのでスクールに関する口コミ情報が少ない
  • マイナーなスクールなので閉鎖するリスクがある

これから人気が出る可能性は少なからずあるものの、現段階ではマイナーなスクールに該当します。

人気のないオンライン英会話ほど閉校や閉鎖のリスクがあり、以前には経営者が夜逃げして事前に支払っていたレッスン料金が返金されないというトラブルが起きました。

ディスカバーイングリッシュ(DiscLEO)にもその可能性はあるので、大手のスクールへと入会したい方にはDMM英会話をおすすめします。

既に数多くの生徒が在籍していますし、DMM.comと誰もが知っている会社が運営しているという安心感があるので一度DMM英会話で無料体験を受けてみてください。

 

>>> DMM英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました