DMM英会話の解約や退会の流れ

DMM英会話の解約や退会の流れをチェック!

DMM英会話の解約や退会の流れをチェック!

DMM英会話の解約は他のオンライン英会話と一緒で非常に簡単で、マイページの左上に表示されている「解約」というボタンをクリックして手続きを進めるだけとなっています。

DMM英会話の公式サイトにアクセスして個人情報を入力してログインし、「解約」ボタンを押してそのまま流れに進むだけで退会処理は終わるので特に面倒な作業は必要ないのです。

DMM英会話への入会と同じように解約処理も全てインターネット上で行えますし、事務局やカスタマーサポートへと直接電話を掛ける必要もありません。

「オンライン英会話なのだからこれは当たり前なのでは?」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、ネット上で退会の手続きができないスクールは存在します。

「簡単な手続きで入会できる」と生徒を誘い、解約や退会の方法をわざと面倒にして無料体験を受けた生徒を逃さないような作戦を立てているオンライン英会話は少なからずあるのです。

その点、DMM英会話は休会システムは設けられていないものの、入会金がかからないのでいつでも入会してレッスンを受けられますし、自分の好きな時に解約できますね。

DMM英会話で解約や退会の手続きを行うに当たり、次のように退会と完全退会の2種類がある点について押さえておかなければなりません。

  • 退会⇒他のオンライン英会話で言う休会で、レッスンノートやお気に入り講師などの情報が残る
  • 完全退会⇒レッスンノートなどの情報に加えてDMMのサービス全てが消える

一定期間後に再開する予定の方は「退会」、DMMのサービスは一切利用しないのであれば「完全退会」を選ぶのが良いでしょう。

ただし、DMM英会話では1ヶ月毎にクレジットカードから自動でレッスン料金が引き落とされる仕組みとなっており、毎月の支払日の前日までに退会を申し出ないと、翌月のレッスン料金も支払う形となるので注意が必要です。

解約や退会に関して何か不安が残る方は、電話やメールでDMM英会話のカスタマーサポートへと問い合わせてみてください。

 

check-s011

DMM英会話の詳細はこちら

 

退会しても有効期限日まではレッスン可能!

DMM英会話では退会の手続きを申請しても、有効期限日までであれば通常通りレッスンを受けることができます。

例えば5月8日に入会したのであれば6月7日までに解約手続きを申請しなければ次の料金が発生し、その期間のいつ申請しても6月7日までは料金プランに応じたレッスンが受講できるというわけです。

ただし、有効期限日以降の予約は当然のようにキャンセルされるので、十分に注意しなければなりません。

また、DMM英会話を一度解約して再入会したとしても、「単語帳」や「お気に入り講師」、「レッスン累積受講時間」や「レッスン履歴」といった情報は自動的に引き継がれます。

休会システムが設けられていない変わりに、一定期間に渡って解約してレッスンをお休みしたとしても、再入会すれば予約情報以外は元に戻るという仕組みです。

しかし、DMMを完全に退会されると、オンライン英会話で得た個人情報などは全て削除されてしまうと頭に入れておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました