円安はオンライン英会話に影響するの?

「円安はオンライン英会話に影響するのか?」という疑問を抱えている生徒はいらっしゃいます。

近年では円安が進んでおり、フィリピンでビジネスをするオンライン英会話にとっては深刻な状況なのです。

対ドルに対しての円安は79円から90円台になり、フィリピンの経済が急速に伸びていることもあり、どのスクールでも値上げを実施するようになりました。

多くのスクールでレッスン料金の値上げが行われたり、料金プランの改定が行われたりして、「昔はもっと安い料金で受講できたのに」と嘆いている生徒も多いはずです。

最大手のレアジョブが以前にレッスン料金の値上げを図り、これは間違いなく円安の影響だったのではないでしょうか。

この事実を見た周りのスクールは安心して、同じようにレッスン料金を値上げしたのかもしれません。

そのため、「円安が長く続けば続くほどオンライン英会話の状況は悪化していく」と考えるはずです。

しかし、金融政策で円安になったとしても、景気が回復してインフレになれば同時に物価も上がっていくため、不毛な価格競争をせずに済みます。

つまり円安が続いてもオンライン英会話スクールの質自体が下がるわけではありませんし、現在の相場の2倍以上に膨れ上がることはないはずです。

既に今では1レッスン当たり100円~200円程度の価格で受講できるオンライン英会話が増えており、私たちは英語学習のために高い費用を支払う必要はありませんでした。

通学型の英会話スクールでは1レッスン当たり5,000円以上の費用を支払わなければなりませんし、費用を抑えたいのであればテキストを買って独学で勉強するしかありません。

その点、オンライン英会話であれば1ヶ月当たり10,000円以下の料金で毎日受講することも可能なので、多少の円安で値上げが行われたとしても大きな損はしないのです。

これからどのようにオンライン英会話業界が伸びていくのか予想はしにくいものの、英語学習を始めたいという生徒が増え続けるのは間違いないでしょう。

当サイトでご紹介している大手のDMM英会話では、何と1レッスン当たり124円という料金で英語の授業を受けることができます。

ただ安いだけではなく、60ヶ国の講師とレッスンを受けられたり、オリジナル教材が豊富に用意されていたりとシステムも素晴らしいので、まずはDMM英会話で無料体験を受けてみてください。
 

>>> DMM英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました