オンライン英会話と通学型スクールの比較

駅前の通学型の英会話スクールでレッスンを受けようか、それとも近年になって話題となっているインターネット回線を使ったオンライン英会話でレッスンを受けようか、迷っている方は非常に多くいらっしゃいます。

テレビのコマーシャルでお馴染みの大手の会社が経営しているのが通学型の英会話スクールで、オンライン英会話はインターネット上で話題となっているのです。

そこで、このページでは、通学型の英会話スクールとオンライン英会話を徹底的に比較してみました。

「絶対に○○が良い」とは言い切れないものの、自分なりに比較を行い、どちらで英語の学習を行っていけば良いのか考えてみてください。

 

レッスンの料金の違い

通学型の英会話スクールとオンライン英会話を比較し、最も大きな違いは料金です。

スクールによって異なるので一概には説明できないものの、駅前に立地している大手の通学型の英会話スクールでは、レッスン料金だけではなく入会金や教材費がかかります。

1万円~5万円程度の入会金を必要とするスクールも意外と多く、個人運営の英会話教室ではなく大手のスクールであれば1時間当たりのレッスン料金は5,000円から8,000円と非常に高いのです。

恐らく、ネイティブ講師や日本人のプロフェッショナルがレッスンを担当し、駅前というテナント料の高い場所に店舗を構えているからこそレッスン料金が高いのではないでしょうか。

一方で、オンライン英会話であれば在籍している講師によって異なるものの、1レッスン当たり100円という低価格で受講できるスクールもあります。

1レッスン当たり大よそ25分間なので1時間に換算しても300円程度と、通学型の英会話スクールと比較して遥かに安いのです。

ネイティブ講師が在籍しているオンライン英会話でも、1レッスン当たり1,000円が相場ですし、英語学習にかかる費用を大幅に削減できます。

どちらにしても、英語の学習は長期間に渡って続くと予想されるので、金銭的な負担の少ないオンライン英会話の方が圧倒的に良いのです。

 

受講場所と受講時間の違い

受講場所と受講時間も、通学型の英会話スクールとオンライン英会話の大きな違いかもしれません。

グループレッスンにしてもマンツーマンレッスンにしても、通学型の英会話スクールで学習する場合は自分から店舗へと足を運ぶ必要があります。

しかも、受講時間が限られているスクールが多く、個人経営の場合は早朝や深夜に受講するのは困難です。

その点、オンライン英会話であればインターネット回線を使ってパソコンやスマホでレッスンを受けるため、自宅で学習できるというメリットがあります。

スクールによって異なるものの、「早朝の6時から開講」「深夜の2時まで開講」と、時間帯の融通の利くオンライン英会話が多いため、自分のスケジュールに合わせて英語の学習を続けられるのです。

出勤前の早朝でも、残業後に帰宅した深夜でも受講できるため、ビジネスマンでも長く続けられるのではないでしょうか。

つまり、受講場所と受講時間で比較をしても、通学型の英会話スクールよりもオンライン英会話の方が優れているのです。

タイトルとURLをコピーしました