イングリッシュベルとビジネス英語

イングリッシュベルでは様々なカリキュラム別にクラスが分かれており、その一つが「ビジネス英会話クラス」です。

イングリッシュベルの「ビジネス英会話クラス」では、様々なビジネスシーンを想定してシチュエーション別の語彙やフレーズを学ぶことができます。

社内で公用語を英語と設定している企業は現代では少なくありませんし、これからは確実にビジネスで英語が必要となる場面は多くなるはずです。

海外出張の準備や外資系会社の面接の際にもビジネス英語は必要となるので、専門的な知識を得たいという方はイングリッシュベルの「ビジネス英会話クラス」を受講した方が良いでしょう。

イングリッシュベルでは、下記のようなオリジナルテキストを使ってビジネス英語のレッスンが進められます。

Dialogue(会話形式):ビジネスを題材にした文章を元に授業が進められる
・TELEPHONE CONVERSATION
・MEETING
・BUSINESS MATTERS
・BUSINESS SURVIVAL

Article(記事形式):新聞やマガジンを題材にしてビジネス英語を学んでいく
・Building a Relationship
・Business plan
・Outsourcing
・Making a good impression

The business story series:ストーリー仕立てのレッスン
・At the office
・Mr. Neo Chan’s Reply
・Airport Check In Desk
・Room Service

ESP lessons:美容院やホテルで働く人用の教材
・English for Barbers
・English for Receptionist
・English for Hotel Porter

Job preparation:外資系企業で働くために履歴書の書き方などの準備を行う
・Different Styles of Business Letter
・Types of Resume
・Video Interview Preparation

上記のオリジナルテキストはほんの一部で、イングリッシュベルでは「ビジネス英会話クラス」だけでもボリュームのある教材が取り入れられているのです。

どのような教材を使ってビジネス英語のレッスンを進めていくのか、イングリッシュベルの公式サイトで詳しく記載されています。

全てのテキストをやり終えるまでには長い時間がかかるものの、少しずつキャリアアップを目指せることは間違いありません。

イングリッシュベルでは「ビジネス英会話クラス」以外にも、たくさんのカリキュラムが用意されているので、どのクラスでのレッスンが自分に適しているのか考えてみてください。
 

>>> イングリッシュベルの詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました