オンライン英会話とオフィス

office

オンライン英会話の講師が在籍している勤務先で、スクールを比較するのは選択肢の一つかもしれません。

オンライン英会話は大きく「オフィスベース」のスクールと、「ホームベース」のスクールの2種類に分けられます。

「オフィスベース」のオンライン英会話では講師が専用のオフィスからレッスンを提供し、「ホームベース」のオンライン英会話では講師が自宅からレッスンを生徒に提供しているのです。

「どちらでも特に変わりないのではないか?」と考える方がいらっしゃいますが、実はかなり大きな違いがあります。

オフィスタイプのオンライン英会話では講師がチューターセンターに集まり、光回線が整っていて通信環境が良い場所からレッスンを提供しているため、在宅講師と比較して音質が良いのです。

在宅からレッスンを提供しているオンライン英会話の場合、インターネット回線はその先生の自宅の環境に左右されやすく、通信が不安定になりやすくなります。

それに、講師の生活音などが聞こえるケースも多く、「英語の授業に集中できない」という生徒も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような生徒は、できる限り講師が一つのオフィスに集められ、安定したネット回線によるレッスンを提供しているオンライン英会話を選ぶべきです。

専用オフィスを設けている代表的なオンライン英会話は、当サイトでご紹介しているラングリッチ(Langrich)となっています。

レッスンの価格が安いだけではなく、品質にも拘ったスクールなので、是非一度ラングリッチ(Langrich)で無料体験を受けてみてください。
 

check-s011

ラングリッチの詳細はこちら

 
さて、オフィスタイプと在宅タイプのオンライン英会話ではレッスンの環境だけではなく、講師の質にも違いが生じます。

在宅講師の場合は指導が行き届いていないことがあり、レッスンに力の入っていない先生も中にはいらっしゃるのです。

2chでの書き込みでは、「適当にレッスンを教えていた」「食べ物を食べながら授業を受けていた」と記載されていたスクールもあります。

その点、オフィス管理のオンライン英会話であれば、事務局の目が行き届いているケースが多く、講師全体の質も向上しやすいというわけです。

特に、大手のオンライン英会話であればオフィスに日本人のスタッフが常駐しているケースが多く、何かしらのトラブルが引き起こされた時に迅速な対応を心掛けてくれるというメリットがあります。

「在宅講師のオンライン英会話はダメ」と一概には説明できないものの、オフィスタイプのスクールの方がメリットは遥かに大きいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました